大根と豚の角煮(栗原はるみレシピ)を砂糖なしで作りました。とっても美味しかった!

スポンサー広告

ちぇこです。図書館で見つけた栗原はるみさんの本「日曜日のおいしいブランチ」に載っているレシピがとても美味しそうだったので、「日曜日のブランチ」として今日作ってみました!笑

まずは豚と大根の角煮をご紹介します。

箸で切れるくらいに柔らかい!材料はたったこれだけ。

●材料(4人分)
豚三枚肉のかたまり…600g
水…2カップ
酒…1/4カップ
生姜…1片
長ネギの青い部分
A:醤油…大さじ2、砂糖・みりん…大さじ1
大根…大1/2本
B:だし汁…2カップ、醤油…大さじ2、みりん・砂糖…大さじ1

※我が家では現在シュガーレス料理をしているため、上記の砂糖は入れず代わりにみりんを多めに入れていますが、問題なく美味しくできました!

●作り方
1.【豚の角煮を作る】鍋に湯を沸かして豚肉を入れて、アクが出たらざるに上げて洗う。
再びお湯を沸かして豚肉を戻し、箸が通るまで茹で、ざるに上げて洗う。

2.鍋に分量の水と酒を入れて強火にかけ、煮立ったら豚肉と生姜、長ネギを加えて落し蓋をし、弱火で煮る。

3.柔らかくなったら、ゆで汁が約1カップになるまで水を足して加え、煮汁が少なくなるまで煮る。焦げないように上下をくりかえす。

4.【大根を煮る】大根は3cm厚さの輪切りにして皮をむき、米のとぎ汁で下茹でする。別鍋にBを合わせ入れて中火にかけ、大根を入れる。落し蓋をして煮汁が少なくなるまで煮る。

5.器に大根を盛り、その上に角煮を乗せて、ねぎを散らしてできあがり!

豚はアクがたくさん出るので、「洗う」ことがポイントのようです。
また、ある程度煮て肉が柔らかくなってから調味料で煮るのもポイント。はじめに入れてしまうと肉が固くなってしまうのだそう。

タイトル通り、「箸で切れる」くらい、角煮も大根も軟らかくて、本当に美味しかったです。夫と何度も「美味しいねえ」を繰り返しました。笑

この日のお昼は以下の通りで、他のおかずも栗原はるみさんレシピで作りましたので良かったら覗いてみてください。

栗原はるみさんの「ごぼうのきんぴら」レシピはこちら
栗原はるみさんの「シラスとしめじとほうれん草の酢の物」レシピはこちら

スポンサー広告