はるちゃんヨガのプライベートレッスンスタート!初回を受けて感じたこと。

スポンサー広告

ちぇこです。

暮らしと心を整えて、自分と自分の体を愛せるようになりたい。

これは最近、私が掲げている大きなテーマです。

自分を愛する。
その感覚を、しっかり味わってみたい。

そんな中、LPL養成講座という心の学びを通して、「体」にアプローチすることを得意としたすんごい魔女との出逢いが約束されていました。

ひとりは、駒ヶ根で隠れ家サロンを運営しているゴッドハンドあけちゃん(金山明美さん)
→体験レポートは以前こちらの記事に書いています。

体質改善の鍵は、″心と体を繋げる″こと!?駒ヶ根・フローライトかなやま施術院体験レポート<前編>

2018年10月22日

あけちゃんの施術は、今後も継続して受ける予定です。次は5月♡

そしてもうひとりは、ヨガの先生はるちゃん(島崎晴美さん)
「自分とのパートナーシップを深めるヨガ」を提唱していて、はるちゃんの世界観、哲学、ブログでやSNSでの発信は本当に素晴らしいのです。

純粋に、はるちゃんの紡ぎだす文章の惹きつけられている、ただのファンです。(笑)

年明けに何度かはるちゃんのヨガのレッスンに参加し、今までスポーツジムなどで体験したヨガとは全く違う感覚を味わったので、今回プライベートレッスンを受けさせて頂くことになりました。

レッスンは全5回。第1回が先日終わったので体験をレポートしまっす!!

自分の身体と向き合う時間を、意図的に作るということ。

さて、いよいよプライベートレッスンを翌日に控えたこの日。

実は、逃げようとする自分が出てきていました。(笑)

このところ、ありがたいことにお仕事が本当に忙しく、久々に徹夜で作業することも。

そうなると元々片付けられない女な私の部屋はぐっちゃぐちゃ。家事も全くヤル気が起きず、雑な生活を送っていました。

「こんなにも酷い部屋に、明日わざわざ来てもらい、自分なんかのために、しかもヨガなんて優雅なことしてていいのか?やはり断ろうか?でもそんなワガママ言えないよなー」なんていう思考が巡っていました。(はるちゃん、ごめんちん(笑))

ここにすでに自分の身体を軽視している思考が見え隠れするわけですが(笑)、
なんとか考えを改め、準備をすることに。

リビングのテーブルを移動してスペースを作り、床を箒で掃いて、巾にアロマオイルを数滴含ませて雑巾がけをしました。

これだけで、部屋も思考もクリアになっていきました。

その後、久しぶりにホワイトセージを焚いて、音叉でお部屋を浄化させます。

ところが、火をつけたホワイトセージが何度も消えてしまう!笑ってしまいました。
それだけ、この家は淀んでいたんだなぁ、波長が下がっていたんだなぁと実感しました。

全て終えると、部屋のエネルギーがガンッと一気に上がったのがわかり、とっても気持ちがイイ!!

はるちゃんをお迎えする準備が整いました。

はるちゃんによる、丁寧なヒアリング(傾聴)

こうして始まったはるちゃんのプライベートレッスン。

初日のこの日はヒアリングと呼吸法レクチャー、そしてヨガという内容でした。

まずは今回の全5回のプライベートレッスンを通して、どんなふうになりたいか?目的の確認をします。

ストレスを「食べることでごまかす」パターンからゆっくり卒業したい
本当に美味しいものを美味しく食べたい
体をゴミ箱にすることをやめて、自尊心をあげたい
丁寧に暮らしたい
女性性を開放したい
自分を愛するという感覚を知りたい
着たい洋服を楽しく着られるようになりたい

私が主に挙げたのは以上のような内容です。

話していて改めて思ったのは、
私は怒りなど良くないと思っている感情を出すことを良しとしておらず、自分の中に溜め込むクセがあること。
それが私の場合体の外に肥満として現れるわけだけど、
怒りや「NO」を表明することで波風が立つくらいならば、我慢してため込んで自分が醜い姿になる方がよっぽど良い!とどこかで思っていること。

これはもう、手放したいなぁ。

また印象的だったのが、「自分の好きなこと」「好きなやり方」「大切にしている価値観」を探るワーク。

型があって、その通りに厳しく何かを制限するダイエット方法も一つの手だけれど、せっかくならポジティブな気持ちで取り組めたらいいなと思っていた私にとって、とてもありがたかったのです。

私にとっては、暮らしを整えることと、心を整えることはきっとほぼイコール。

それを意識することでいつも自分の中心に帰ってこれるということが改めて明確になりました。

そして、そんな私へのはるちゃんからの提案として、食べたものの記録をつける宿題をもらいました。

これは、食べたものをジャッジしたり自分を責めるための記録ではなく、
どんな感情や思考で食べているかをチェックするというもの。

はるちゃん自身が食について長年苦しみ・向き合ってきた過去があり、そこから抜け出した方法として実践されてきた方法とのこと。

…そうそう。こういうことが私には必要だった。ただただ自分を罰するのではなく、「その時何が起きているか」自分にとことん興味を持ち、とことん自分の声を聞いてあげる。

まずは、取り組んでみようと思います。わくわく。

ヨガで深く体験した、新しい世界

そして、いざヨガへ。

まずは呼吸法から。
呼吸は、あまり普段意識されることはないけれど、とても大事なもの。
カパラバディという呼吸法を学びました。

カパラバディとは「光る頭蓋骨」という意味。
肺や頭の空気が循環してとてもスッキリします。
まわりの音が、2倍の大きさで聞こえるような感覚になりました。

それからヨガへ。
以前体験した時にも思ったのだけれども、はるちゃんのヨガはまるで魔法のよう。

ヨガの間は集中していて細かな内容はメモしていなかったので描写が難しいのだけど、

ギザギザのエネルギーが自分の中から出ていくのが見えたり、

体の中と外を巡ってぐるりと穏やかに循環していくのを感じました。

そうか。自分の中のこもった感情を外に解き放つことは、こんなにも大切で、すごく気持ちがいいことなんだなぁ、と実感しました。

だんだんと凝り固まった自分が空気に溶けていくような感覚で、もはや、今この空間にあるのは体なんだけど体じゃない。普段なかなか味わえないそんな感覚に浸りました。

最後には、はるちゃんのリードでつむじから宇宙につながる体感があり、これもとっても気持ち良かった。

はるちゃんの声掛けで体に「ありがとう」と呟きながら体に触ると、自分の身体がとっても愛おしい感情がわいてきて、涙が出そうになりました。

そんな素晴らしい体験をして、最後はゆるみにゆるんでいびきをかいて寝るという(笑)、あるがままの自分を感じることができました。

じっくり味わったこの感覚を大切に、引き続き自分の身体と向き合っていきたいと思います。

余談ですがこの日は、夜の10時には眠くなり、就寝!
翌朝スッキリと目覚めることができました。

夜型生活が続いていたので、その意味でもサイクル転換のとても良い機会でした。

はるちゃんヨガ、最高です♡

はるちゃんの公式ブログ「ゆるしいろ♥」はこちらから

→ヨガレッスンははるちゃんのfacebookからもチェックできます。

スポンサー広告