三峯神社登山にて、山伏さんの霊に助けてもらったお話。【魔女話】

スポンサー広告

ちぇでこす。

先日三峯神社へ向かうために表参道ルートで山登りをした話を書きました。

氏神様が祀られた神社こそあなたのパワースポット!秩父の三峯神社へ行ってきました。

2017.05.03

この記事にもあるように、三峯神社を参拝することにしたのは、ハイヤーセルフから「守ってもらっている神様のことを調べてね」というメッセージが降りてきたから。

調べた結果、三峯神社にお参りすることにしたのですが。

私にとって、この登山は忘れられないものになりました。

まず、とにかく自然の中を歩くことで日々の雑念や不安、怒り、悩み、考え事、すべてがきれいさっぱり流れていくのを感じました。

息を吸うだけで、新緑が目に入るだけで、汗をかきながら足を進めるだけで、とんでもなく癒しの効果があるんですね。

人々が、これだけ山に惹かれる意味がやっとわかった気がします。

ただ、日ごろからとにかく運動不足のわたしたち!!!

夫は在宅勤務で家に一日いますし、私も職場が徒歩3分なのでもうお互いほぼ毎日運動ゼロの状態。

買い物に行くときや隣駅の映画館に行くときはなるべく歩くようにしていますが、全然足りていません。

よくそんなんで山登りにチャレンジしたねと今も思うのですが(笑)、当日は案の定バテバテでした。

呼吸は乱れるし、心臓もバクバクだし、足も重いし、しんどいし。

同じころスタートしたおじさんおばさんたちにはガンガン抜かれていき、気づけば最後尾に。

ただ、清浄宮の滝でずいぶんと浄化され、自分でも「いま自然の中で自分の波長がすごく高くなっているなあ」という確信がありました。

そこで、試してみたんです。

誰か山に強い霊にサポートしてもらえないかな?って。

例えば山伏さんの霊とか!(^^)笑

山伏とは、山中で修行をする修験道の僧のこと。山の達人ってことですね。

私は無知特有の図々しさで(笑)

「山伏さん、どうかサポートをお願いします!」と呼んでみました。

そしたらビックリ。本当に一気に足が軽くなったんです!

自分でもただの偶然だろうと思ったのですが、それから登りきるまで、つらいはつらいのですが心理的にとっても楽で、足もスムーズに次の一歩が出るのです。

山登りの始めは、私がトロトロ歩くのを心配げに後ろからついて来てくれていた夫でしたが、だんだん夫のほうがバテて、歩みが遅くなります。笑

一方私はサポートを得てからはすいすいと進むので、立ち止まって後ろを振り返り、夫を応援する側になりました。

びっくり!!

この記事にも書きましたが、登山中も三峯神社に参拝した時も涙がじわじわと出てきて、とにかく感動的な一日でした。

氏神様が祀られた神社こそあなたのパワースポット!秩父の三峯神社へ行ってきました。

2017.05.03

その日、山伏さんにも(勝手に山伏さんだったと思っているけれど本当は違うかも、違う誰かがサポートしてくれたのかもしれないけれど。とにかく!)感謝の気持ちを伝えてお礼しました。

それでね、山伏さんにサポートしてもらったことが思い込みではないなと思った出来事があって。

それは、翌朝の体の元気さ!!!

私は絶対すんごい筋肉痛が来ると思って覚悟していたのだけれど(1週間ほど前に、仕事で一日中立っていただけですんごい筋肉痛になった)今回はあれだけ急勾配の山を2時間半歩いたにも関わらず、筋肉痛がまったくなかったのです!!

夫は「お尻が筋肉痛…」と言って辛そうでしたが、私は翌日もその次の日もまるで山に登ったことがなかったかのように普段通りな身体のままでした。むしろヒップが上がって身体のラインがスッキリしているじゃぁないですか!!

山伏さん、スゲェーーーーー!

今までの私の常識では考えられなかったことが、こうして目の前で起こっていること。

現実に見えていた世界がぐるぐるとどんどん変わっていくのがわかります。

また、帰ってきたその日の夜の透視は波長が最高潮に高くて!!!

ハイヤーセルフからいろいろなありがたい言葉をたくさんキャッチすることができました。

これまたずっとぶんぶん首を縦に振ってうなづきながら泣きどおしで聞いていた私です…。えへへ

いやー、すごい。

山とスピリチュアルは繋がっているんだろうなあ。

この出来事も、今までの私だったら絶対ブログになんて書けませんでした。

だって、やっぱり怪しいと思われるはずですもの。「ついにちぇこはイカれた」と思われるだろう、そんなのは嫌だ!と。

だけど、今は、自分が感じたこと、気づいたこと、すべてを偽りなく自分が信じてあげることにしたんです。

透視をすると面白いことがたくさんあります。

まだまだいろいろあるので、少しずつ、今後書いていきたいと思います♪

スポンサー広告