「宇美神社」へ!出雲大社へ行くならここで「縁切り」をしてからが良い!?【出雲スピスピ旅行記15】

スポンサー広告

ちぇこです。

出雲旅行4日目。一畑薬師でのお勤めと写経体験の後は(前回の記事はこちら▼)

「一畑薬師」で朝のお勤めと写経体験!写経をして改めてわかった心のくせ。【出雲スピスピ旅行記14】

2018.05.29

宇美神社へ向かいました!

旅の全工程はこちら▼

出雲スピスピ旅行の全内容をタイムスケジュールでまとめてみた。

2018.05.14

「断ち切る」ことで強運をもたらす宇美神社

宇美神社への道中。

出雲というか島根は、何度も言いますが山々の緑が本当に美しい!

目が覚めるような鮮やかさでウキウキしちゃいます。♪

そして到着しました、宇美神社です。

美しい…。

この宇美神社がまとっている空気は、ものすごーーく「まったり」でした。驚くほどに。

なんというかゼリーでできたプールの中を歩いているような。水あめの中を進んでいるような…表現が難しい。笑 でも古来から続くしっかりとした歴史も感じられる、不思議な空気感でした。

宇美神社も、縁結びの神様として有名ですが、配祀神である事解男命(ことさかのおのみこと)は「悪縁を断つ」縁切りの神様なのだそう。

イザナギとイザナミが黄泉比良坂で永遠の別れをした時に産まれた神様で、男女の別れと再生を象徴する神様です。

縁結の地「出雲」にある縁切りで、少し憚られるところもありますが、縁結びと縁切りは表裏一体のもののように思います。
縁切りは決して過去の自分の否定などではなく、新しい道へと進む決心や勇気を与えるものではないかと思います。

心をこめてお詣りすることで、男女の別れだけでなく病気や良くない癖や巡り合わせ、また、恨み、嫉み等、自分自身を闇の淵に落とすような心を浄化することを叶えてくださいます

(引用:一般社団法人 木綿街道振興会のfbページより。)

確かに、「縁切箱」なるものも用意されていました。

新しい良縁をつかむためには、一度持っていたものを手放す=悪縁を断ち切る ことが大切ですね。

縁の断捨離というか。

出雲大社を訪れる前にここを訪れると、なおよいとのことです。

 

宇美神社
住所:島根県出雲氏平田町宮西町686-1
主祭神:布都御魂神
上がる運気:ステイタス運
●参拝アドバイス
摂社の「縁結神社」が有名ですが、本来は「断ち切る」ことで強運をもたらす神社です。そしてこの神社の神さまは、あなたがあなたであることを思い出させてくれます。「この恋は、仕事は、私を輝かせてくれているかしら?」こんな感情やネガティヴィティを祓えば、あなたは恋で、家庭で、より輝くことができるようになります。あなたという存在をしっかり立たせ、自分自身をステキに発展させたいときに訪れるとよいでしょう。
(引用:「出雲の神さま」にまかせなさい

スポンサー広告