超現実的透視リーダーエリーさんの「透視リーディング」を受けてみた。

スポンサー広告

ちぇこです。

昨年の初夏に、以前から気になっていた透視リーダーエリーさんの透視リーディングを受けたので、その内容をご紹介します。

透視リーディングについて

私は昔からどうにも人の気を受けやすく、そして必要以上に(?)繊細なため、自分の感情のコントロールについて長年悩んできました。

自己啓発本の類もたくさん読んできましたが、その時には納得していても、気づけばいつのまにか気分が落ちて…ということの繰り返し。根本的な解決には至りませんでした。

同時にスピリチュアルなことにもとても興味があり、どうしても辛くなった時には何度かスピリチュアルカウンセラーを探してカウンセリングなどを受けてきました。

スピリチュアルというと、なんだか怪しいもののように捉えられがちですが、いろいろな能力に長けている人がいろんなアプローチの仕方で悩める人を助け癒すことは、とても素晴らしいことだと私は思っています。

今回もまた、仕事での人間関係や、これからの将来といったものに不安を感じて動けなくなってしまいました。

そして、以前から気になってブックマークしていたエリーさんのブログからコンタクトを取って、セッションをしてもらうことに!

エリーさんのブログはこちら▶「透視は現実的に使うもの~超現実的透視リーダーエリー~」

実はエリーさんのブログは1年ほど前から読んでいました。

年もあまり変わらないエリーさんのブログはとてもおもしろくて、いつもププッと笑ってしまいます。

「透視は現実的に使うもの~超現実的透視リーダーエリー~」の看板通り、エリーさんはなんというか、いい意味ですごく普通の感覚を持った人。

透視はワザであり、現実的に使っていくべきもの!ということをいつも言っていて、そこに私は魅力を感じていました。

エリーさんはブログでもいつも顔出しをしていたことも安心材料のひとつでした。

透視リーディング当日。

申し込み自体は何の抵抗もなくできたものの、当日はやっぱりなんだかんだめっちゃ緊張しました。w

そして、いざセッションがはじまり、エリーさんが「実は、ちぇこさんと会う前にハイヤーセルフにメッセージをいくつかもらったの」とメモに書かれたメッセージを読んでくれました。

えぇえ~。いつの間に。笑

ハイヤーセルフとは、高次元の自分自身のこと。私の魂そのものともいえます。

私の知らない(気づいていない)ところでそんなことが行われていたとは…!

ハイヤーセルフからのメッセージ

  • 何事にも従順。
  • 光みたいな存在。
  • 一人が不安になる。
  • 頼りにされる。
  • 正しいか・正しくないか確かめたい。
  • でも正しい・正しくないというのはないんだよ。
  • 自分にとっての正解でいい。
  • そうしていないから、ふわふわしてしまう。
  • 相手の状況には、相手にしかわからないでしょう。
  • 考えていることに答えはない。
  • いつも「自分」をベースにしてね。
  • 同業者の質がある。
  • 聞く耳を持たないところは頑固だ。
  • 光みたいな存在で、まわりを照らす人。
  • 師匠を見つけて、レールを作ったら自分の道を突き進んで。
  • 「こうなりたい」「この人にみたいになりたい」というのががモチベーションになるから、師匠を見つけると良い。ピンとくるものを自分で決める。

このはじめのメッセージを聞いて、もう、私のぐるぐるしていた悩みはほぼ解決してしまいました。はやっ。笑

いつもいつも、「正しいか正しくないか」を考えてしまう癖、「~すべき、~するべきでない」という縛りで自分をがんじがらめにしてしまう癖。

でも、そもそもこの世界に良い悪いとか、正解不正解なんてないんですよね。

また、「同業者の質がある」ということで、はじめエリーさんは私をセラピストやカウンセラーなのかな?と思っていたそうです。

これも以前ほかのスピリチュアルカウンセラーの方にも言われたことがあります。あと前世は巫女さんや魔女だったと言われたこともあるので、やっぱりもともとこういった世界に興味があるのは必然だったのかもしれません。

今までの私は、元々の性質に加えて転校生として育ったので「まわりに合わせること」を第一に生きてきました。だから、いつの間にか「他者優先」が強くなっていたのです。

自分を最優先にして、自信を持って様々な出来ことや感情を選んでいくことが難しくて。

でもエリーさんと話していくことで、すごく前向きになっていく自分がいました。

あんなにうじうじしてて、暗いオーラを放ちまくっていたのに(笑)セッションの終わり頃にはなんだかそんな自分もおかしく思えてくるような感覚でした。

未来がワクワクしてきて、自分の中のエネルギーをすごく感じました。

エリーさん、すごい!

そしてそろそろ妊活についても考えていきたいと思っていた頃だったので、「お母さんになるということへの不安」も話したところ、

「お母さんにはなれるし、子育ての中で学べることは本当にいっぱいあるからぜひ体験してほしい。けれど、今のままのちぇこさんがお母さんになると、やっぱりいろいろつまづいたり、まわりとの関係で苦労している様子が見える」

とのこと。

確かに…

このままお母さんになれたとして、いつも思い悩んだり、自分を責めたり、ヒステリックになったり、ママ友との関係にストレスをものすごく抱える自分が容易に想像できました。

自分を変えたい。

この生きづらさを解消したいなあ。

もっとらく~に肩の力を抜いて、人生を楽しみたい。

そう思い、2017年を迎えた時に新年の目標として、「こころの勉強をする」ということを決めました。

そのうちのひとつとして、エリーさんの「超現実的透視リーディング初級講座」を受講することにしたのです…!

これは自分で透視を使いたい人のための透視リーダー育成講座です。

そう、自分で透視ができるようになるぞ!と決意したわけであります。( ̄∀ ̄*)

一度身につければ、一生使えるわけですからね。自分のことを自分に聞けるというのはとても人生を豊かにしてくれると思ったのであります。

初級講座のことは次の記事に記事に続きます。

スポンサー広告