焼き芋で作る超簡単さつもいものポタージュ。材料3つだけなのにプロの味に!

スポンサー広告

ちぇこです。

うふふふふ。

ひょんなことから、さつまいもポタージュの最強に美味しい作り方を発見してしまいました!!!!

めっちゃ興奮しているので、今日はそれをご紹介します。笑

さつまいもポタージュを焼き芋で。

先日、夫が出張先のレストランで食べたさつまいものポタージュがすごく美味しかったそうです。

写真を見ても確かにすごく美味しそう!!!

その写真を見ると私も急にさつまいもポタージュが食べたく(飲みたく?)なりました。笑

そこで作ってみることに!!

でも、恐らく普通にさつまいもや玉ねぎを一緒に煮ただけではレストランのような上質な味にはならないだろうな…と思って考えてみたのです。

さつまいも自体が違うのか。さつまいもの調理工程に何か工夫があるのか…

それでピンときたのがそう、「焼き芋」です。

よく、スーパーなどで今は焼き芋って売っていますよね。

私の家の周辺スーパーを見渡しても、5件中3件で焼き芋を販売しています。

↓こんな感じで。

焼き芋がなんでこんなに甘くてねっとりしているのかというと…さつまいもに含まれるでんぷんが、加熱によって活性化した「アミラーゼ」という酵素の働きで糖に変わるからなんですね。

だから、さつまいもの素材そのものを楽しむポタージュには、焼き芋はピッタリなんじゃないか!?と思ったわけです。

なにより、もう焼かれているわけですから、玉ねぎなどと一緒に茹でたりミキサーにかけたりする手間が必要ない!!という便利さがあります。

それでは、レシピともいえない簡単すぎるレシピです。笑

焼き芋で作るさつまいもポタージュのレシピ

●材料

  • 焼き芋1本(150gくらい)
  • 牛乳(または豆乳)300~500cc
  • コンソメ1/2個
  • (あれば)生クリームをお好みで

以上!笑

はい、これだけです。

まずは焼き芋の皮をむきます。

すり鉢で軽くつぶしておきます。ボウルに入れてフォークに潰してもOK!

鍋に、コンソメと牛乳を入れます。

コンソメがとければOKなので、煮詰める必要はありません。

面倒ですが、味噌こしなどで濾します。

出来上がりです!!!(簡単すぎるーーー混ぜただけではという噂も。笑

飲んでみると…

めちゃくちゃ甘い!濃厚!!美味しい!

感動しました。夫も、「レストランで飲んだ味と同じや!!!」と言ってました。w(本当かな?笑)

これは、かなり使えると思います。

裏話。

実は家でいろいろ実験をして、先に焼き芋を味噌こしで濾してから入れたり(→牛乳との絡ませるのが大変だった)、ミキサーで一気に撹拌したり(→味の上品さが失われてしまった)、焼き芋はそもそも焼かれてるので生の牛乳とコンソメを入れて混ぜるだけというのも考えたのですが(→コンソメが溶けてなじむのに時間がかかるだろう)という理由から、

上記の紹介した手順が1番良い!と結論づけました。

ちなみに、冷蔵庫で冷やして翌日飲んだら美味しさがさらに倍増しました!!

冷製さつまいもポタージュスープですね。

ただ、水分を思いっきり吸ってしまうので、飲むときには牛乳を足して調整すると良いかと思います。

いかがでしたでしょうか。

拍子抜けするほど簡単なさつまいもポタージュ。
こんなに簡単ですが、おもてなしの際に出したりすれば一丁前にいい仕事してくれると思います♪

私も来月友人が来る際に出してみようと思います。

以上、焼き芋で作るさつまいもポタージュのレシピでした。

 

 

 

スポンサー広告