二宮団地リノベーション物件の見学に行ってきた!場所は?家賃は?空室は?

スポンサー広告

ちぇこです。

古民家を中心に、物件探しをしています。

これまで見た物件の記事はこちら▼

高尾の平屋の古民家(賃貸)の内覧へ!妄想が膨らみすぎて歯止めがきかないっ。

2018.03.09

古民家物件(賃貸)探し続編。参考にしている素敵なサイトや、最近のトレンドなどなど。

2018.03.08

神奈川の古民家物件(賃貸)探しの旅。三浦市、サザエさんが出てきそうなレトロポップな家。

2018.03.05

神奈川の古民家物件(賃貸)探しの旅。浦賀で見つけた、内装最強の古民家。

2018.03.04

物件を見ないで決めるのはあり?お化け付き物件に住まないために。

2018.03.11

そしてそして…今回は、以前に三浦や横須賀の物件を見た時に担当の方がおっしゃっていた、今熱いという「二宮」という地域の物件を見てきました!

里山に囲まれ、湘南の海や富士山などを望める二宮

神奈川県中郡二宮町は、海と山が近く豊かな自然の中で暮らしを営める場所として、いま注目を集めています。

しかも、都心へも電車や車で1時間と好アクセス。

湘南地区の中では不動産相場もリーズナブル。

そのため多くの若い人たちが移住してきているそうなのです。

二宮の物件を扱っている地域密着型の不動産屋さん「太平洋不動産」さんへ今回はお邪魔しました!

この日は、事前に見ていたものや紹介してもらった物件を含めて4件ほど見学しました。

まず向かったのは、駅近の半一戸建てのようなアパート。

物件に着いてすぐこの景色!!!うみーーーーーーーーーーーーーーーー!

わーお。わーお。わーお。海を初めて見たわけでもないのにやけに感動してしまいました。

だぶん自然に飢えていたのでしょう…うるっと来てしまいました。笑

海抜は20メートル以上あるとのことで、津波も心配なし。

ただ肝心の物件は、残念ながらピンとくるものではなかったので端折ります。(端折るんかい)

ただただ、この二宮という土地が海も近く山もあり、太陽もよく当たり、風も気持ちいいい土地だということは1件目でよくよくわかりました。

二宮団地へ

そしてこの日の最後は二宮団地へ。

二宮団地は、50年前に都心へのアクセスが良いことから、ニュータウンとして87ヘクタールもの里山を開発して作られた団地群。なんと28棟・856戸を抱える団地として多くの若いファミリーが移り住んできました。

しかし、少子高齢化とともに空き家が目立つように。

神奈川県住宅供給公社が、50年目を契機に「さとやまタウン」として新たな街作りに挑戦しているそう。

新鮮な魚が獲れ、里山のスローライフが楽しめる二宮。その里山をキーワードに、リノベーションすることに。

あらかじめ公社がAタイプ、Bタイプ、Cタイプのリノベーションタイプを用意。家賃は29,900円~4,7000円。

借主は、好みのタイプを選択し、その選択後にリノベーションが行われ、完了後そこに居住するというもの。

すごい!住宅版「注文が入ってから麺を茹でます」みたいな感じですね。(そんな例え?笑)

そのため入居までには2カ月ほどかかるとのことでした。

タイプや階数別家賃については太平洋不動産さんのこのページをご覧ください。

(※さらに、もっと自由にリノベーションできる原状回復不要の「マイリノベーション」も可能とのこと!)

そんなわけで、二宮団地、行ってきました!!!

公務員宿舎で育った私はこの団地感、ものすっごく懐かしい。ホームな感じがします。

お部屋のタイプはA.B.Cとあり、Bタイプはフローリングやキッチンに小田原産杉材を使っています。

わたしが選ぶなら間違いなくこの小田原産杉材を使ったBタイプ!と思っていたところ、

みんな思っていることは同じようで、Bタイプのリノベーションができる5・6・7号棟はあっという間に埋まってしまったそう。そのため現在は杉材を使ったリノベができる棟数を増やしたのだとか。

玄関。小田原産杉の香りがします!!きれいなフローリング!!

玄関入ってすぐのトイレの扉。古民家好きにはレトロでたまらない。

トイレは新品。うれしい。

入ってすぐの部屋。窓から緑が見えるのはうれしい♪

キッチン。

すてきーーー!デザイナーズな雰囲気むんむん。

やっぱり木の雰囲気って最高だ。

シンク下の棚はどんな収納にしよう。イメージとしては無印良品のラタンバスケットが理想だけど、コンロのすぐそばだから油がつきそうだー。こんな↓洗えるかごがいいのかな?

 

とか妄想が止まらない。

トイレや洗面台もリノベーションされてピカピカ。でもイイ感じにレトロ感も残っている。

部屋の端から。ふすまは全部取っ払って使うとよさそう。

続いて、もっと高台にある、後に追加された小田原杉タイプ(A5タイプ)のお部屋へ。

ででん。5階建てですが、エレベーターなどはございません!しょわわ~~!

モデル物件は最上階の5階。こんな感じです。お隣も5階建て。

しかし…その分…眺めは最高です!!!部屋の窓から。海が見えます。右側は山々。

お部屋自体も風がよく通って気持ち良い。

キッチンカウンターはオプションで付けることが可能。扉もオプションで杉に変えることができます。

すごい。

実際に足を運んでみて、なんだかんだ言ってリノベーションされた物件もやっぱり良いな、と思いました。笑

水回りはもちろんのことながら、新しい木の匂いも最高でワクワクしたのです。

聞くところによるとリノベーションは1件あたり500万ほどかかっているそうです!(゜-゜)それなのに、29,900円~4,7000円で住めるなんてすごいですよね。神奈川県の真剣さを感じました。(`・ω・´)

ただ、気になったこととしては、やはり昔の建物なので狭いこと。

現在住んでいるマンションが59㎡なのに対してこちらは約37㎡。かなりのサイズダウンなので集めた家具もだいぶ処分しないといけなくなります。狭くなる分家賃も今の半分以下になるのでそれは魅力ですが。

それから、高台に建っていることもあり車は必須であること。関東に住むのであればできれば車は持たずに生活できたらいいなと思うので、その点が引っ掛かりました。

ちなみに現在団地の約3割が空き家で、リノベーション可能とのこと。

一人暮らしもしくはカップル・夫婦でここに移り住む人が多いとのことでした。

都心にアクセスが良くて、でも田舎暮らしがしたくて、家賃は安めで、でも自分の好きなようにリノベーションがされていて、入居するときには新品の状態。もっとこだわりたいときは自由にリノベできるマイリノベーション制度がある。

という要望のある人にはとってもとってもとっても条件の良い物件だと思いました!!!

私たちは家具を捨てきれないことがネックとなり(笑)、成約には至りませんでしたが、見学できてとても良かったです。

そしてそして、いくつか物件を見学してきた中で、今日現在物件は決まっていないのですが、いろいろと思うところがあって違う可能性も模索するようになりました。

なんか、妥協できないのです。どうせなら、とことんやりたい。

そのあたりのことも、今後ブログに書いていければと思います。

スポンサー広告