「長浜神社」へ!勝負に勝ちたいならここへ!鈴のお守りの音色がすてき。【出雲スピスピ旅行記8】

スポンサー広告

ちぇこです。

出雲神社巡り、2日目のラストは長浜神社へ!

簡単にレポートします。

武道・スポーツ上達・勝負の神様「長浜神社」

長浜神社は、小高い山の上に凛と佇んでいます。

長い階段を上っていくのですが、横道に来るまでも登れる道があり、今回は楽をして車で上まで登りました(^^;)

駐車場の脇から見えた鳥居。

こちらは正面から。

出雲の神様らしく、立派なしめ縄です。

こちらが拝殿。立派な建物ですが、シンプルでです。

この神社の御祭神は「国引き神話」の主人公である「八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)」。

日本海の向こうの国から、網をかけて大地を引き寄せたことから「国引きの神」と呼ばれ、スポーツ上達・不動産守護の神として祀られているとのこと。

境内で感じたのは、さわやかさ。

少し上った山の上に立っていて、緑に囲まれてることもあると思います。

出雲の神社でよく見かけた厳藻かけ。出雲の地域では忌開けの海で体を清めたあかしとして、海の海藻をもって神社へお参りする風習があるそう。

その海藻をかける「厳藻かけ」=いづもかけ、から「出雲」と呼ばれることになったのだとか。

こちらでは、きれいな音色の鈴のお守りをひとつ買わせていただきました。

さて、この日の神社巡りはここまで。

▼旅の全行程についてはこちらをどうぞ。

出雲スピスピ旅行の全内容をタイムスケジュールでまとめてみた。

2018.05.14

●長浜神社

スポンサー広告