ミルフィーユ鍋も、おしゃれな簡単アレンジでおもてなし料理になる!の巻。

スポンサー広告

ちぇこです。

先日の友人を呼んだおもてなし会の際に出したミルフィーユ鍋について紹介します。

ミルフィーユ鍋をおしゃれに食べたい♪

先日、高校時代の友人たちを呼ぶ機会があったので、いつものように献立を考えていました。

やっぱり冬だし、料理の最後の方に何か鍋を出したいなあ、と。

そこで、たまたま買っていたオレンジページの「おめかし和食特集」を見て、ミルフィーユ鍋にすることに。

豚肉と白菜を交互に重ねて鍋に入れるミルフィーユ鍋。

白菜をたくさんもらった時など、一気に使い切れるのでとっても便利です。

今やすっかり鍋の定番になりましたよね!

我が家もたまにミルフィーユ鍋をしていましたが、もう少しおもてなし用にアレンジできたらなあと思っていたら、とっても簡単なプチアイデアがオレンジページに載っていました。

それが「梅おろしのせだしミルフィーユ」です。

なんのことはない。仕上げに薬味をトッピングしているだけなのです(-∀-。)♡

まずはおうちごはんの際にそのレシピを試してみました。

おしゃれなミルフィーユ鍋の作り方

①白菜と豚肉をきれいに重ねる。

②土鍋にきっちり詰める。

③濃い目のつゆを注いで、煮る。
つゆ(4人分):だし汁5カップ、醤油大さじ2、塩小さじ1
つゆは土鍋の高さの八分目くらいのところまで注ぎ入れる。
強火にかけて、煮立ったら弱火にし、ふたをして白菜のしんが柔らかくなるまで15分ほど煮る。

④具の中央を開け、中央のあいた部分に仕上げの具を乗せて、柚子の皮を散らす。
仕上げの具:大根おろし1/3本分、梅干し2個、ねぎの小口切り4-5本分。大根おろしはざるにあげて梅干しは種を除いてたたく。すべて合わせて混ぜる。

できあがり!

どどーーん。

うん、美味しそう!

ちょっと柚子の切り方が大きすぎた。笑

大根の辛味と梅干しの酸っぱさ、柚子の香りがあいまってとっても美味しい!

やっぱり、薬味ってサイコーーー!だと実感した1品でした。

ごちそうさまでした。

スポンサー広告