骨董アンティークフェア@さいたまスーパーアリーナへ行ってきた!素敵な飾り棚をゲットして満足、満足。

スポンサー広告

ちぇこです。

6月12日ー13日にさいたまスーパーアリーナで催された「骨董アンティークフェア」に行ってきました!

初めての骨董アンティークフェア参戦、ドキドキでしたがとっても楽しかったのでレポートします。

さいたまスーパーアリーナで開催!骨董アンティークフェア

梅雨真っただ中にも関わらず、太陽が顔を覗かせてくれ清々しい朝を迎えた6月13日。

私はさいたまスーパーアリーナで開かれていた「骨董アンティークフェア」にひとりで初参戦してきました!

アリーナの建物に着くと、「入り口は1階」とのアナウンス。階段で降りていくと

会場入り口に到着!!!どきどき。

さっそく中に入るとまず目に飛び込んできたのが古着物。

アンティークのコーヒーカップ&ソーサーや、グラスといったガラス製品を扱う店舗もその隣に並びます。

会場の地図を見てみると、出店数はなんと

179店舗!!!

すごいですね~。

じっくり見てまわるのに、1~2時間はかかりました。

西洋的な雑貨屋さんもあれば、

今どきのセレクトショップのようにディスプレイされたお店もあり、

また私好みの昭和以前の家具や古道具を販売するお店もあり、

和・洋問わず陶器を販売するお店もたくさんありました。

帯や着物3枚1,000円のお店なんかも、すごく賑わってましたね~。

かなり皆さん吟味していらっしゃいました。

客層は50歳以上の男女が圧倒的に多かったですね。

でも私のようなアラサー・アラフォー女性も目立ちました。

会場は広々としていて、休憩用の椅子もたくさん用意されていたので、休憩しながら皆さん楽しんでいるようでした。

また会場内にケンタッキー・フライド・チキンの出張店舗があったので、休憩時にここで飲食することも可能です。

またさいたまスーパーアリーナ周辺は飲食店がたくさんあるので、一度会場を出て食事を取るのも良いかもしれません。

骨董アンティークフェアで私が買ったもの

さて、本格的なアンティークフェアに参加したのはほぼ初めての私でした(今まで、アンティークの家具などはいつもヤフオクで買っていました)が、

すごく楽しむことができました。

会場を何周もグルグルしながら、「これをあそこに飾ろうか」「あれはなんとかアレンジできるか」「いやいや結局裁縫やらなくて押し入れで眠ることになるよ」と頭もグルグル。笑

また、骨董品独特の品物が放つ雰囲気もあって、ちょっと気を付けて選ばなくてはならないな~とも思いました。ものにもいろいろ念がこもると言いますからね(;^ω^)

また、すごくかわいいなと思った陶器があったのですが、裏面をチェックして、ネットで調べたところ、それがわりと新しい品物であり、新品がネットで同額で販売されているということもありました。

それだったら、あえてここで買わなくてもネットで買おう、と思ったのでした。

う~ん。骨董品って難しい!笑

そもそも、ものの価値や値段なんていうのはその人にとってのものなので、絶対値はありませんもんね。

そんなわけで、いろいろ手には取っては戻し…を繰り返し。でもせっかく来たし何か買いたいなと思っていたところ、日本の古家具や雑貨を扱うお店で、この飾り棚と出逢いました!でーーん

これを…電車で持って帰りました(;^ω^)けっこう、恥ずかしかった…。

とりあえず部屋のこのあたりに置こうかなーと思ってます。(仮)

インテリアがもっと素敵になりますよーに★

以上、さいたまスーパーアリーナで開催された骨董アンティークフェアの体験レポートでした。

 

スポンサー広告