高知の母直伝!スーパーのカツオのたたきを本場土佐の味に変える、秘伝レシピ。決め手はゆずと薬味

スポンサー広告

ちぇこ(@cheko8)です。

カツオが旬の季節になりましたねーーーー!ヽ(〃▽〃 )ノ

私はふるさとが高知なので、小さい頃からカツオのたたきが大好きです。

特に高知生まれの母(父もだけど)が作るカツオのたたきがとっても美味しくて、絶品なのですよ。

今回は、スーパーで買ったカツオのたたきでできる、かつおのたたきを最も美味しく食べる方法【母直伝レシピ】をご紹介したいと思います。

ポイントはゆずポン酢とたっぷり薬味!

材料
●カツオのたたき
●たまねぎ1/4個-1/2個 薄くスライスする
●生姜 ひとかけくらいをみじん切り
●にんにく 2かけくらいをすっておく
●大葉 3-4枚 まるめて千切り
●ねぎ 小口切りにする
●ゆずポン酢 すきなだけ

カツオのたたきの作り方

まずお皿を用意。今回はディアマンテというイタリアのお皿を選びました。
クレジットカードのポイント交換でGET。笑

カツオがポン酢に浸かるので少し深みのあるお皿が良いですね。あとガラス皿は薬味の緑が映えるのでおすすめです^^

↓全く同商品ではありませんが扱っているお店リンクも貼っておきます。

まずはお皿にカツオを乗せて

カツオの上に薄くスライスして水にさらしたたまねぎを乗せます。

みじん切りした生姜とすり下ろしたにんにくを散らします。

次に小口切りしたねぎと、丸めて千切りにしたしそを散らします。

そしてゆずポン酢です!!!

このゆずポン酢が決め手なんですよね~。

我が家は、高知県宿毛の「直七ポン酢」を使っています。

私の母と叔母は馬路村ポン酢派のようです。笑
私は直七ポン酢の方が自然な素材が使われていておすすめです。好みですね~

ゆずポン酢が手に入らない場合は、お醤油とお酢を同じ比率で混ぜて、そこにゆずを入れればゆずポン酢の完成です!

ポン酢をかけて

出来上がりー!!!たったこれだけであります。^^

夫もこのレシピのたたきが大好きで、もりもり食べてました。

ごちそうさまでした!

おまけ。

高知県幡多郡を舞台にしたLINEスタンプ「クールなくまたん幡多バージョン」も引き続き大好評発売中です(^^)

覗いてみてね♪

スポンサー広告