鹿児島ドライブのおすすめコース!指宿をスタートして鹿児島市に着く鹿児島ほぼ一周ルート【鹿児島旅行記その2】

スポンサー広告

ちぇこです。

前回、鹿児島県の鹿児島中央駅から指宿を結ぶ列車「IBUTAMA」を紹介しました。

鹿児島中央駅から指宿へ行くならJRの「特急いぶすきの玉手箱」がおすすめ♪【鹿児島旅行記その1】

2017.03.07

今回は、指宿をスタートして桜島に渡り、霧島を通って長島へ寄り、そして鹿児島中央駅に戻る1泊2日のルートをご紹介したいと思います!

わたしの鹿児島ドライブおすすめルートはこちら!

今回のおすすめルートはこちらです。【START】指宿→池田湖→タツノオトシゴハウス→知覧→鹿児島市→桜島→霧島【1泊】→出水→長島→薩摩川内→鹿児島市【GOAL】

指宿を出た私たちがまず向かったのは、池田湖!実は池田湖は九州一大きな湖日本百名山のひとつの開聞岳もくっきり見ることができます。

池田湖で菜の花と開聞岳を堪能

1月には菜の花が咲き誇り、とっても素敵な写真スポットになります*夏にもカラフルな花で彩られます。

この日はお天気が今ひとつでしたが、菜の花がきれいに咲いていました。

この池田湖にはネッシーならぬ「イッシー伝説」もあるんですよ。

番所鼻自然公園とタツノオトシゴセンターへ

つづいて向かったのは南九州市頴娃町の番所鼻自然公園。伊能忠敬が「天下の絶景なり」と賞賛したという景勝地です。ここでも開聞岳が一望でき、岩沿いにぐるっと歩くことができます。

「幸せの鐘」があるのでカップルにもおすすめです。

続いてお隣のタツノオトシゴハウスへ。テレビなどでも度々取り上げられ、すっかり有名になりました。

英国館でランチ

そうして次は知覧へ。「薩摩英国館」というところで軽めのランチを取りました。

ここのスコーンが美味しいという噂を聞き、スコーンのランチセットを注文。写真を撮り忘れてしまいましたが(汗)、美味しかったです♪

建物となりには真っ赤なロンドンバスが!かわいい~。カフェからバスの中に入れるようになっていました。

そして知覧といえば、知覧特攻平和会館。私たちは今回は立ち寄らなかったのですが、ぜひ立ち寄りたい場所のひとつですよね。

さて、お腹を満たした後は、いざ、桜島へ!!!

鹿児島のシンボルといえば、桜島!

鹿児島市から、フェリーに乗って車ごと移動です。乗船時間は15分ほど。あっという間なので、晴れていればぜひ甲板に出て景色を愉しむことをおすすめします♪

そして桜島へ到着!

桜島には湯之平展望所、有村溶岩展望所、烏島展望所と3箇所の展望所があります。

中でも1番メジャーで、景色も一望できるのがこの有村溶岩展望所です。

記念撮影にももってこいのスポットです。

また、桜島に来たのならぜひ立ち寄りたいのが、黒神埋没鳥居。

大正3(1914)年の桜島の大噴火の際に、カムチャッカ半島まで火山灰は飛んでいったといわれています。

この地区にあった「腹五社神社」の鳥居は、噴火後たった1日で軽石や火山灰に埋まってしまいました。 高さ3mの鳥居が、今や笠木部分の約1mを地上に見せるのみになったのです。

当時の村長が、この大噴火のすさまじさを後世に伝え続けていくものとして、鳥居をそのままにすることを決めたそうです。▼その鳥居の前で。

その大正3年の大噴火の際に、桜島と大隅半島は陸続きになりました。

今回は、車でそのまま大隅半島へ渡ります。

そして、錦江湾を眺めながら霧島へ!桜島と夕焼けのコンビネーションがまた絶妙です。

こうして、鹿児島ドライブ旅行1日目は終了しました。

出水の鶴

2日目。宿を後にした私たちがまず向かったのは、出水。

毎年10月中旬~3月頃にかけて、出水平野の水田地帯に、越冬のため1万羽を超えるツルたちが渡ってくるそうです。

鶴を見る機会はそうそうないですから、秋~春にかけて鹿児島を旅行される際にはぜひルートのひとつに入れてみてください♪

出水の鶴は、日本昔話のイメージのような真っ白な鶴ではなく、けっこう茶色いです(笑)

でもやっぱり立ち姿は美しく、飛んでいる様子もとーーっても優雅!

後に調べたところによると、

日本では北海道の釧路湿原とその周辺に留鳥として生息するタンチョウのほか、山口県周南市や鹿児島県出水市などに冬鳥として渡来するナベヅル、マナヅルがよく知られ、いずれも天然記念物に指定されている

とのこと!

しかも、

ナベヅルの世界の生息数はおよそ1万羽と推定されており、全体の90%近くが鹿児島県出水市で冬を越す

のだとか!ひゃ~!出水、すごい!

毎年、どうやってこの「出水」の場所がわかるんだろう?野生の本能ってすごいなあ、と思います。

長島へ

鶴とおさらばした私たちは、阿久根市から端を渡って長島町の道の駅へ!

農産物に力を入れ、ブランディングに成功している島という印象のこの長島町。

端を渡るとすぐ道の駅があり、お客さんでとても賑わっていました。

柑橘類や、新鮮な魚介類が豊富で、どれもこれもとっても美味しそうでした!

この後、薩摩川内市経由で鹿児島中央駅へ向かって、今回の鹿児島ぐるり旅は終了です。

薩摩川内駅は新幹線の発着駅があるので、新幹線で旅行をする際にはとっても便利です♪

また飛行機の場合は空港がある霧島周辺に戻ってそのまま帰る、という方法もありますね。

鹿児島のパワフルな自然を満喫した今回のドライブツアー!とっても楽しかったので、少しでもこの記事が参考になれば幸いです♪

スポンサー広告