中目黒の古民家カフェ「青家のとなり」へ。青山有紀さんが営む、おしゃれでゆったりできるスペース

スポンサー広告

ちぇこです。

今日も以前に訪れたことがある古民家カフェについて紹介したいと思います。

今回は中目黒にある「青家のとなり」です。

青山有紀さんの営むカフェ

東急東横線「中目黒」駅 から、徒歩7分ほど。おしゃれな中目黒の街並みから少し入ったところに、これまたすてきな古民家カフェが現れます。

このお店は、テレビにもよく出演されている料理人の青山有紀さんが営んでいます。

※2017/11追記:10月末で、「青家のとなり」は閉店されたそうです。お引越しをされるそうで、青家のとなりのみ閉店とのこと。残念ですが、お引越し先で新店舗ができるようでしたらまたぜひ伺ってみたいですね*

もともと京おばんざいと薬膳のお店「青家」をオープンさせ、その甘味処専門の店舗として「青家のとなり」が誕生したとのこと。

今回高校時代の友人が上京したので、一緒に行ってみました。

じゃじゃん。これが入口です。静かで落ち着いた路地裏にあります。

「京甘味と滋養美肌鍋」。滋養美肌鍋も気になりますね~。

「青家のとなり」=aoya next door(^^)

個人的にはこの電球がとてもツボでした。

中に入るとすぐにショウケースと、こういったお持たせ用の品が棚に。

小分けでプレゼントしやすそう★

さて、カフェスペースは6畳ほどの和室で、靴を脱いで上がります。

かわいー!この白い窓、すごく好み*

日の光が温かくてぽかぽか。

座布団とゴザ、なんだか落ち着きます。

メニューを見ながらずいぶん悩んでいると…オーダーを取りに来たのは青山さんご本人!ちょっとびっくりしちゃいました。やっぱり美人な方だなあ。

そして、あんみつとお茶のセットをお願いしました。

器もかわいい!漆に、チェックのコースター?を忍ばせているところがまた憎いです。

そしてお味も優しくて、美味しかったです。

友人との久々の再開に会話が弾みました。

この青家の隣は6畳ほどのコンパクトなスペースですが、空間として他のフロアとは間仕切られているのでせかされているような空気感もなく、とてもゆったりと過ごすことができます。

靴を脱いで上がるフラットな場所なので、お子さん連れにも良いかと思います^^おすすめです♪

そしてそして、青山さんはレシピ本もたくさん出されてる実力派。

中目黒に来た際には、ぜひ本家「青家」のおばんざいを食べてみたいなと思います*

以上、「青家のとなり」の紹介でした*

スポンサー広告