薩摩焼窯元巡り2。指宿ロイヤルホテル敷地内「吟松窯」

スポンサー広告

ちぇこです。

前回、鹿児島帰省の際に龍門司焼のことを書きましたが、

薩摩焼き窯元巡り。お気に入りは姶良市加治木の「龍門司焼」
もうひとつご紹介したいと思います!

それは、指宿にある吟松窯です。

指宿ロイヤルホテルに宿泊後にお土産として

吟松窯は、指宿ロイヤルホテルの創業者が焼き物好きで、観光客へのお土産として窯を開いたのがきっかけだそう。生活に密着した黒薩摩焼を中心に制作・販売しています。

釉薬として、なんと鹿児島のシラスをベースに使用しているのです。

そんな吟松窯ですが、わたしたちはちょうどお茶碗がなかったので、お茶碗を買うと決めていました。

そして選んだのがこちら。

いかにも黒薩摩というようなどっしりした黒いものではないですが、お米をとても美味しそうに乗せてくれそうなので選びました。

最近は夫婦で玄米にはまっていて、このお茶碗で食べる玄米は格別においしく感じます(^^)

この他にも、まだまだ薩摩焼の窯元はたくさんあるようなので今後もちょこちょこ覗いてみたいと思います◎

●吟松窯

住所 鹿児島県指宿市十二町4232-1
電話 0993-23-2211
問合せ時間 9:00-15:00

スポンサー広告