重曹で入浴剤を手作り。まるで美人の湯?敏感肌の私でも冷え取り&すべすべになった!

スポンサー広告

ちぇこです。

先日、万能すぎる!「重曹」について改めて調べてみたら、1人9役を穏やかにこなすとってもすごい子だった。という記事を書きましたが、さっそく重曹を使っていろいろなことを試してみようと思います。

少し敏感肌なわたし。以前から市販の化粧品などを初めて使うときには、けっこうな確率で肌荒れを起こしていました。(初めだけ、ではあるのですが…)

それは入浴剤も同じでした。もともと温泉が大好きで、家でもそれを味わいたいと市販の入浴剤をよく買っていました。
でもどうも湯上がりに湿疹や軽い蕁麻疹が出たり、肌がベタッとしてしまうのが悩みでした。

そこで今回重曹で簡単にバスボムが作れることを知り、さっそく試してみました。
とっても簡単にできるわたしなりののアレンジも入っているのでよければ参考にしてみてください。

イメージは「LUSH」のようなキュートなバスボム★

 

それでは本題へ。

重曹を使った入浴剤の作り方!

材料は、たったの4つ!

◎重曹粉 100g

上のLUSHのバスボムの原材料も「炭酸水素ナトリウム」、つまり重曹でした♪

ちなみにわたしが今まで買った中でもダントツでお気に入りの重曹が、モンゴルで取れた重曹です。

重曹は「食品用」「日用品用」と別れて売られていることが多いですが、この重曹はどちらにも使えるんです。だから、小さいお子さんがいるご家庭でも安心だと思います。

品質としてもキメが細かくて、すごく使いやすいのです。大容量タイプをストックしています。重くても、ネットで買うと配達してくれるので楽ちんですね♪

100gを量りではかるのが面倒なときは、計量カップの100mlの目盛りに合わせてもOK!

◎クエン酸粉 80g

クエン酸粉も、重曹と同じメーカーである木曽路物産のもの。

◎好みのエッセンシャルオイル 8滴くらい

エッセンシャルオイルもいろいろありますが、自分の好きな香りを選ぶのが一番!疲れを取るためなら、個人的にはラベンダーがやっぱり一番いいかなと思います。

◎精製水 小さじ1/4

精製水も薬局で買うことができます。日常では頻繁に使うものではありませんが、1本100円弱で買えるものなので、揃えて損はないと思います。バスボム作りではほんの少量しか使いませんが、残った分は簡単な手作り化粧水なんかにも使えます☆

以上が材料です!これだけでバスボムができちゃうなんてすごいですよね。直径10cmくらいの型2つ分できます。それに安心の天然素材だけというのがなんともうれしい!作り方もとても簡単。

1)重曹粉とクエン酸粉を袋に入れて振って混ぜる!

ボールに粉を合わせて泡立て器でぐるぐるかき混ぜてもいいし、ビニール袋などに入れてシャカシャカ振ってもOK!粉が混ぜれば良いのです。今回は袋に入れてシャカシャカしました!

2)エッセンシャルオイルを加えて、さらによく振る。

3)精製水を加えてもんで、なじませら、型に入れて1日放置で出来上がり!

精製水を入れると一瞬シュワっとします。

シャカシャカした後、手でもみもみ。だんだんとなじんでまとまっていきます。

こんな感じで、ゆるめのかたまりになっていればOK!型に入れて、1日放置します。

簡単~!でも。実は、初めて作った際にはこの感覚がつかめておらず、精製水小さじ1/4入れた後に精製水の量をさらにけっこう足してしまいました。そうすると、型に入れたあとからじわじわと膨らみだして…(写真初めて作ったときのもので、けっこうもう膨らんできています…)

数時間後には容器からはみ出すほど膨らんでいたのです。
嫌な予感はしたものの、まぁ大丈夫だろうと様子を見ることにしました。

 

そして次の日の朝、見てみると…

 

 

ひぇえええええええ!!

恐ろしいよお。。。
膨張の限界を超えて爆発し、溶岩のようにテーブルにへばり付いて固まっておりました… (›´♢`‹ )

最近観たシン・ゴジラを髣髴とさせるその質感と出で立ち。

はがすの、大変だった。笑

そんなわけで、わたしのバスボム作り第一回目は大失敗!笑

気を取り直して。

気を取り直した2回めは、マドレーヌを型を使い、分量通りの水で作りました。(作り方は、上に紹介しているものと同じ。)
精製水も規定の量を入れて揉んでいると、じんわりじんわり馴染んでいきました。焦り禁物ですね。

じゃーーーん

うまくできました!
さっそくその日の夜お風呂に浮かべたところ…シュワシュワシュワ~~~っと泡立って、とっても爽快

 

重曹とクエン酸がコラボすることで発生する炭酸ガスが、血行を促進!入浴後の保湿効果も高めてくれるそう。ありがたや!
また、しっかり体が温まることで疲れが取れてリラックスできます。
好みのエッセンシャルオイルの香りがほのかに漂って、ほんとにもう、幸せです。

さらに、できたバスボムを可愛くラッピングしたら、友人へのプレゼントにも良いですね*

「でもやっぱりめんどくさい!」そんな時は…

とっても簡単な重曹入浴剤ではありますが、忙しくて時間がない時には、固めなくたって、材料それぞれ(重曹100g:クエン酸80g)を浴槽に投入しちゃえばOKなんです!!wow!! わたしも粉の状態で入浴剤入れに入れています。

さらに言うと、重曹100gだけでもOK
重曹のおかげでお湯が軟水に変わって、お肌がすべすべになるんです♪

もともとは食品である重曹とクエン酸だから、分量もあまり細かく気にしなくて大丈夫。
そこがまた、ズボラなわたしに向いていてとても良いです。笑

また、入浴後はお湯を流すことでなんと重曹が自然と浴槽の湯アカ防止までしてくれるのだとか。

ほんとに重曹、すごすぎるよ~~~!!

以上が、重曹無添加入浴剤の作り方でした*

 

まとめ:重曹で入浴剤を手作りしてみたら、作る楽しみだけでなく、ポカポカになってお肌もツルツルになって、まるで温泉に入っているような幸せを味わうことができた!!

これは想像以上の収穫でした。張り切ってたくさん作ったので、友人に手作りバスボムプレゼントしまくりたいと思います。笑

こちらもどうぞ▶万能すぎる!「重曹」について改めて調べてみたら、1人9役を穏やかにこなすとってもすごい子だった。

スポンサー広告