高知の名物「ひがしやま」をもっと広めたい!砂糖も添加物も使わない干し芋は絶品で究極のオーガニックスイーツ

スポンサー広告

ちぇこです。

以前、高知名物の超絶美味しい柑橘類「文旦」をご紹介したのですが、

今日は文旦に劣らぬ逸品「ひがしやま」をご紹介したいと思います!

ひがしやまとは?

ひがしやまとは、高知で作られる「干し芋」のことです。

さつまいもを釜で何時間も茹で、外で2~3週間も干してできあがります。

さつまいもの栄養や甘みがぎゅ~~っと詰まっていて、

砂糖や添加物がいっさい使われていないすんばらしい自然食スイーツなのです。

これだけ手間がかかっているスイーツもなかなかないと思うのです。

私の本籍地である大月で作られるひがしやまは、海がすぐそばなため潮風に当たりながら干され、それによって甘みが増しているのだそう。

昔から、ひがしやまはご近所さんからおすそ分けしてもらうもの、と思っていて(笑)、

お正月に帰省した際にこのひがしやまを食べるのが本当に楽しみでした。

この冬は、両親にリクエストして、祖母の家の近所で売られているひがしやまを送ってもらいました。

その中にひとつ、祖母手作りのひがしやまも入っていました。

「まだ乾燥途中のやつだから乾燥の続きをやってね」という新しいパターンの伝言をもらい(笑)、我が家のベランダで干すことに。

数日待って、照り照りのひがしやまができました☆

ほんとーーーにおいしい。

でも炭水化物だから食べ過ぎに気をつけなくては…でも止まらない…笑

そんな「ひがしやま」。もっともっと認知度があがるといいなあと思います。

スポンサー広告