ナチュラルなウエルカムボードのイーゼルがついに決定!

スポンサー広告

さて。
ウエルカムボードを置くイーゼルを貸し出してくれるということで、
メールにて事前にイーゼルの写真を送ってもらいました。ドキドキ…!

ロイストン教会は、本物のアンティークをさりげなーく置いてあります。
例えば教会の入り口に置いてあるオブジェも数100年前のものだそう。

こういうことに気づくのはいつも私ではなく新郎くんなのですが(^◇^;)、そんなアピールしない謙虚な姿勢のロイストン教会が、とても好きなのです。

だからイーゼルもきっとイイものであることは間違いないのです(言い切りっ)笑。

さて。 ではでは、ロイストン教会から届いたイーゼルの写真がこれです。どーん!

ロイストン教会で貸し出してくれるイーゼルは2種類。

おぉ…ガッシリしてる。

イギリスアンティークの匂いがする。

素敵。素敵だけど、今回のchekoのイメージからすると少し重厚すぎる気がする。

こちらがイーゼルその2。

先ほどのよりさらに重厚だ!!でも、素材が変わっていてアンティーク感は出るかも。

…どうしよう。どちらかといえばその2の方かなあ…と決めかねていました。

イメージぴったりのイーゼルと出会う。

そう思いながら、ドレス試着で教会サロンに行った日のこと。

たまたま教会敷地内の一般開放日だったためクラブハウスA番館(ガーデン会場)を覗いてみることに。

そしてchekoは見つけてしまった…!

ででん

イーゼルその3。

イーゼルその4。

A番館への道筋を示してくれている看板のこのイーゼルこそ、イメージにぴったりだ!!

すかさずchekoは担当プランナーさんにこのどちらかを使わせてもらえないか確認。

OKをもらえました(≧∇≦)良かった!!

このままピンとこなければイーゼルも持ち込もうかと思っていたくらいなので、これは本当にラッキーでした*(ちなみに持ち込みも問題ないとのこと。)

さて、イーゼルも無事に決まったので、いよいよウエルカムボード本体の作成に入りたいと思います。

スポンサー広告