緑の小道から倶楽部ハウスA番館へ。アーチを飾り付けしたい!

スポンサー広告

今回は、アーチの装飾について考えてみます。

倶楽部ハウスA番館へ続く大好きな小道

教会で厳かに挙式を行ったあと、ゲストは教会を出てすぐのこの小道を案内されます。

私も初めて見学に行き、素敵な教会に心揺さぶられている間に
ここを通され、「??どこへ行くの?」と思った感覚を覚えています。

 

とっても素敵な隠れ家の入り口のような雰囲気*


数メートルではありますが、緑に囲まれた小道は
まるでジブリの世界のよう…*すると…

 

このアーチが登場!!
(普段は何も装飾されていないよう。さびしいですね)


アーチの中はアイアンのベンチになってます。
アイビー(?)が絡まってすてき*


これはアーチをくぐり抜けて振り返ったときの構図。

教会からはまた雰囲気が一転!
念願の、海外のガーデンパーティ会場のよう。

アーチをくぐると、正面に披露宴会場が広がります。

どーん。(アーチから見たアングル)


だからこそ。
この会場への入り口としての「アーチ」には何かしらできたらいいなあと思ったのです。

プランナーさんに聞いたところ自由に飾ってOK,持ち込みOKとのこと!!
やったー!

早速、イメージを膨らませていきます。

アーチには花・カーテン・はぎれの装飾が映える。

ロイストンのアーチの感じに近いイメージだと、こんな感じ。

お花がいっぱいでゴーージャスぅ!!!
…でもこれだけのお花を使うのはかなりの予算がいりそうだ…

そこでchekoが考えたのはカーテンをつけるというもの。
たとえばこんな感じ。

布と木とお花がナチュラルでいいですね~


これは端がレースになっています*
確か昔IKEAでこんなカーテンあったなあ。
IKEAに行ってみよう。そうしよう。

これは1枚の布ではなく、はぎれ?をたくさんかき集めたようなカーテン。
これはこれでアンティークな雰囲気があってとても素敵…*
はぎれバージョンの、柄もの組み合わせ。うーーん、かわいい。インテリアの参考になりそう。

いろいろ検討して、
→実際の当日のアーチはこんなふうになりました。

スポンサー広告