海外風のウエディングが叶う結婚式場を見つけた!千葉の「BARN&FOREST」がステキすぎる!

スポンサー広告

ちぇこです。

わたしは2015年10月に「イギリスのガーデンウエディング」をコンセプトに結婚式をあげました。

当時から海外風のカントリーウエディングに憧れていたものの、なかなか前例がなかったので、自分で一生懸命海外のサイトを見たりPinterestで画像を集めてプランナーさんにプレゼンし、あれこれ手作りしながら作り上げました。

しかし!!

今日久々にウエディング雑誌を見ていたところ、見つけてしまったのです。

わたしが憧れていた結婚式がまるごと叶っちゃう、海外風結婚式ができる会場が!!

ちぇこ
こんな会場が日本にあるなんて!

それでは、興奮したテンションのまま(笑)、ご紹介したいと思います。

自然体で美しい、海外風ウエディング。

欧米で人気のラスティックウエディング(=素朴で、飾り気のない)って、すごくステキですよね。

綺羅びやかで豪華な式場ではなく、自然の中(森の中や農場など)で、のどかなアウトドアを舞台として行われるウエディング。

素朴で、温かみがあるのが特徴です。

わたしはこの欧米のウエディングに憧れて、いろいろな写真を集めていました。

はあ~~ステキ。(人*´∀`)

しかし、これだけ自然の中でのウエディングを日本で行おうとすると、なかなか難しいものがあります。

とくに関東圏内なら、まずそういった場所がないですし、少し緑の見えるような室内の会場を装飾して、そのイメージに近づけることが多いかと思います。

また、ピックアップしたような海外のウエディングで使われている建物自体も、古くからある街の小さな教会だったり、かなり年季の入った倉庫や納屋だったりするんです。

倉庫が会場になるなんてビックリしちゃいますが、そのクタクタ感がまた良い味を出すんですよね。

日本では「式場ありき」でスタートすることが多い結婚式ですが、海外ではまず「ウエディングプランナーを決める」ことから始めるそうです。その後プランナーとロケーションを決めて、会場を作り、結婚式用に装飾していくそうなので、仕組み自体が違うんです。

そのため日本で自然いっぱいのロケーションとラスティックな建物を結婚式会場として見つけるのは、なかなか簡単ではありません

しかーーし!ここへきて、今回誕生したのが「BARN&FOREST」さんです。



千葉の森の中にオープンした「BARN&FOREST」

 

いかがですか?ここは欧米の森の中かしらと思いませんか?

ちぇこ
最高です!

実はここは千葉県流山市。最寄りは「流山おおかたの森」です。

ちぇこ
駅名からして素晴らしい…(感動)

注目すべきはこの敷地。なんと6,000㎡もあり、自然がいっぱい!

総木造建築の一軒家型会場は130名まで着席できます。

もちろん挙式も。


舞台がステキなだけに、いろいろな妄想が膨らんでしまいます。

ああ、わたしの結婚式のときにもこんなところがあったらなぁ、と思わずにはいられませんでした^^

アクセスも、柏から5分。都心からでも25分と好立地!つくばや大宮、柏、船橋から乗換なしで便利なアクセスです。

千葉在住でなくても、このステキな会場で結婚式ができると思えば十分にアクセス可能な範囲内だと思います♪

まずはデートがてら現地に行って見学してみるのをおすすめします♪

試食会付きのフェアを開催しており、空き状況を見るとかなり盛況のようです。

フェアの予約はゼクシィのサイトから可能です。



言わずもがなですが、ゼクシィは日本最大級の結婚情報サイト。同じ日に他の会場もまわりたい場合にも申し込みが便利!

また、 ゼクシィからブライダルフェアを予約すると、限定特典やキャンペーンが開催されていることがあるのでお得です!!

ウエディングフェアって何?結婚準備は何からしたらいいの?という方にはこんなコンテンツも充実していますよ。

以上、海外風ウエディングにおすすめな式場の紹介でした♪

ちなみに…わたしの結婚式の様子はこちらから▼

結婚式当日レポート1:山手ロイストン教会(当日朝)

2016.02.12

スポンサー広告