切り株の輪切りを木こり工房でオーダーすることに。注意点も!

スポンサー広告

自力だけでは切株が揃わないと判断したchekoは、netで切株の輪切りを取り扱っていそうな店舗に問い合わせてみました。

切り株の輪切りは「木こり工房」でオーダーできる!

なんとか探して、chekoが問い合わせたのは3店で、結果は以下。

●さめうらこむ ⇒返信なし^^;。
●フォレスト工房もくり ⇒取り扱いなし。
●木こり工房 ⇒対応可能!

やった(^^)

正直、こんなにも難航するとは思いませんでした(^^;)
でも、なんとか見つかって良かった良かった!

そんなわけで、木こり工房さんにお願いすることに。

対応もとても丁寧で、chekoがバタバタとしていて正式オーダーが遅れてしまっていたのですが、間に合わなくなる恐れがあるということで向こうから連絡をもらってしまいました(^◇^;)

親切…!やっぱり、個人の方が誠実にやられているこういうお店って、素敵ですね。
——————————————————————–
自然木の輪切り15センチ径2センチ厚 @300円× 5枚=1,500円
自然木の輪切り22センチ径2センチ厚 @400円×10枚=4,000円
——————————————————————–
最終的に上記でオーダーし(かなり安いと思います)、小さい方はバッコヤナギ、大きい方はミズナラかクリという木で仕上げてくださいました。

そして、出来上がったのがこれです!

やっぱり、機械でスライスしているだけあって美しい!!
でも、新郎くんがカットしてくれたいびつな形のものもかわいくてお気に入り。

そして、どちらにも共通して言えることが。

切株は、すぐにカビが生えてしまう!

木こり工房さんからの仕様に関する注意書きメールに、
特注サイズでカットしているため、木材は未乾燥であること。
到着後は、直射日光の当たらない風通しの良い場所に新聞紙を敷いてそこに輪切りを並べ、時々ひっくり返したり、湿った新聞紙を取り返したりしながら何日か乾燥させてください、とのことでした。

この作業。かなり気をつけていないと…カビが生えました(TへT)
新郎くんが切ってくれたものも、木こり工房さんにお願いしたものも、どちらもある意味切りたて新鮮な切株(笑)なので、水分がたくさん残っていたのですね。

白いカビで、ゴシゴシすれば簡単に落ちたのですが、
テーブルに置くものなのでかなり気を使いました;

初めてのことをすると、こういったハプニングが起きるのだなあと勉強になりました。

未乾燥の切株をウエディングアイテムに使う方は、お気をつけくださいm(_)m

スポンサー広告