じゃがいもの植え付けから収穫まで!ダイジェスト備忘録。

スポンサー広告

2016年3月初旬。

我が家がお世話になっている貸農園での、じゃがいも植え付けイベントがありました。参加費もタダとのことなので(!)参加してみることに。

食用のジャガイモはタネイモに適さない。

畑について、全く知識のないわたし。イチから教えてもらえて、本当に勉強になりました。

まず、タネイモとなるじゃがいもはスーパーに売っているものでは難しいそう。理由は、市販されているじゃがいもはウイルスなどの感染している可能性があるから。こ、こわい。

なのでタネイモ用のものを使うのだそう。

じゃがいもは、芽を確認しながら(芽を切らないように)半分に切ります。

そして切り口に草木炭を塗って準備OK!

幅60cmの畝の中央に間隔を張って、幅10cm、深さ15cmの溝を掘ります。

そこに、切り口を下にしたじゃがいもを30cm間隔で並べます。

f:id:cheko8:20160626172334j:plain

そしてじゃがいもの間にたい肥と、その上に化成肥料をひと握り施します。

f:id:cheko8:20160626172635j:plain

いもと肥料の上に土を7cmほどかけて、土の表面をならしてできあがり。

「うへへへへ。大きくなれよ♡」

f:id:cheko8:20160626172949j:plain

1カ月後の4月ころ、芽かきをしました。勢いのある芽を1-2本残して、不要な部分を抜き取りました。あとは成長を見守るのみ!(ほったらかしていただけ。笑)

そして本日、ついにじゃがいも収穫の時が来た!!!

f:id:cheko8:20160626173204j:plain

ヤッター!!!ゴロゴロ出てくるじゃがいもちゃん。

葉っぱが黄色くなったら収穫の時期ということですが、黄色を通り越してほぼ葉っぱは枯れてしまってほぼ土だけになっていました(^^;)

でも、初めて育てたじゃがいも、しっかり実っていて愛おしいです。

f:id:cheko8:20160626173408j:plain

たった2つのタネイモから、これだけ採れました!

貸農園では、美味しいそうめんや天ぷら、ふかしたじゃがいもも用意してくださっていました。

f:id:cheko8:20160626173541j:plain

でででん

f:id:cheko8:20160626173618j:plain

バターと明太子も用意されていました!わかってるぅ~~♪

美味しかったです!

さて、たくさんじゃがいもが手に入ったので、さっそく明日からの作り置きおかずで登場させてあげたいと思います!

スポンサー広告