冷え取り靴下を重ね履きする時にスニーカーのサイズはどう選べばいい?試してみた私のベストはこれ!

スポンサー広告

こんにちは!

ちぇこです。

数か月前から、冷え取りのために靴下の重ね履きデビューしました!

そこで困ったのが重ね履きのときに履く靴。今回はスニーカーを買ってみたので、重ね履きの際のサイズの選び方について、わかったことを書いてみます。

足のサイズを測って実際に履いてみる

まず、わたしは足の大きさを測ってみました。(お見苦しい写真で失礼します。w)

足長と足囲

足長(カカトの一番出っ張っている部分から、最も長い足指の先端までの長さ)と、足囲(親指の付け根の一番出っ張っているところと、 小指の付け根の一番出っ張っているところをメジャーでぐるりと一周させた長さ)を図ります。

足長は、写真の上に紙の上に足を乗せて鉛筆で周囲をなぞると正確に測れました。
だいたい、靴の余白を考えるとこの足長プラス1cmくらいがちょうどよい靴の大きさになるようです。

そして次に、重ね履き靴下を履いて同じように測ります。わたしは現在4枚の重ね履き靴下を履いていますが、裸足のときに比べて

足長がプラス0.5cm、足囲がプラス1cmアップ

という結果になりました。

これを元に、普段私が履いているのが22.5cmの靴なので、今回は23.5cmの靴を選ぶことにしてみました。

なお、今回の靴の種類はスニーカーです!!!

23.5cmのスニーカーを3種類履き比べてみた!

スニーカーは、返品・交換が手軽にできるロコンドで注文しました。

その中でも、重ね履き靴下を履いていても違和感のない「ハイカット」を3種類チョイス。

底を比べてみると、靴によって甲の幅が全然違うことがわかります。

それではいざ!履いてみましょう。

鶏のマークが有名なle coq sportif(ルコックスポルティフ)。フランスで最も古いスポーツメーカーだそうです。

かわいい…!サイドのクロージングジッパーも重ね履きにはとっても便利です。

コンバース  (オールスターHI) M3310 (ブラック)

続いてアメリカで生まれ。スニーカーといえば定番のコンバースオールスターです。ベーシックで、なんにでも合いそう。

ただ。ただですね、重ね履きをするのには足幅が少し狭かった…

今回は泣く泣く脱落してしまいました。

セダークレスト ハイカットキャンバススニーカー CC-9145W

最後にセダークレストのハイカットです。こちらは日本の㈱チヨダのブランドですね。
見た目はコンバースとそっくりです。

ただし、このスニーカーの特徴は、日本メーカーなだけあって靴幅が「3E」とかなりゆったりめにできているんです!
重ね履きをしていても余裕で入り、ゆとりがるので履き心地も良いです。

靴幅について
D(細め)→E(普通)→2E(普通)→3E(ゆったり)→4E(ゆったり)

決め手はやっぱり靴幅!

3足履いてみて、デザインがかわいくジッパーで着脱が楽なルコックスポルティフのスニーカーとセダークレストのスニーカーで最後まで迷いました!

最終的には、やはり一日中歩き回った時にも疲れが出ないように、靴幅のゆとりで決めました。

▼左がセダークレストのハイカットキャンバススニーカー、右がルコックスポルティフのテルナウォークミッドです。

甲の部分の幅のゆとりが違うのと、ルコックスポルティフの方は見た目にもパンパンで、靴ひもの長さもギリギリでした。

そんなわけで、今回わたしはセダークレスト ハイカットキャンバススニーカー CC-9145W を重ね履き用にすることに。

実際に履いて生活してみて

セダークレストのハイカットキャンバススニーカーを履いて、約1カ月経ちました。

感想としては、満足しています!!

重ね履きをしていてもまったく問題ないくらい余裕があります。

重ね履きをすると、靴のサイズが全体的に普段より大きくなるイメージを持ちますが、実際には足の長さはそんなには変わらないようです(私の場合22.5→23.5を買いましたが、23でもよかったと思います。少しだぶつきます)。

それに比べて、足幅はかなりボリューミーになるため、重ね履き用の靴を買うときは足幅に注目してセレクトすると良いかと思います。

重ね履き用に靴(スニーカー)を買うときのポイントのまとめ

  1. 重ね履きする靴下の枚数や厚みよってサイズが違うので、まずは測ってみることが大事。
  2. 足長よりはむしろ足幅の方が大きくなるので、足幅の大きな靴を探す。
  3. いろいろ履いてみてぴったりくるものを選ぶ

以上です^^

スポンサー広告