サイタカメラ教室の超初心者コースを修了。通ってみた私の率直な感想をまとめてみました。

スポンサー広告

ちぇこです。

今日、3ヶ月通ったサイタカメラ教室の基礎1コースがついに終了となりました。

全6回のコースでしたが、終わってみるととても寂しいものがあり、ひとりプチ燃え尽き症候群になっているわたしです。笑

わたしがサイタカメラ教室を受講しようと思ったワケ。

カメラに関して全くド素人のわたしですが、ずっとずっともっと上手に写真が撮れたらなあ、撮りたいなあ、と思っていました。

WEBまわりの仕事をしていることもあり、自分で撮影した画像を使うことも多々あります。
また、ブログやInstagramにとてもキレイな写真を載せている人たちがとても羨ましかったのです。

例えば料理を作った時や、旅先で素敵な景色に出会ったとき。
この「今」の瞬間を、思いのまま形に残したい。

でも、実際に自分で撮った写真は自分が思うものからほど遠くて、どうしてうまく撮れないのかわからないし、どうしたら良くなるのかもわかりません

ちなみに、以下が過去に私が撮っていた中での悲しいレベルの写真です。笑

▲キルフェボンの上等なケーキ。もっとおしゃれに撮りたかったなあ…。

▲鹿児島の龍門寺焼き窯元。なんだか傾いているし重厚感が伝わりません…。

うーん、困った!笑

一方でWEB上で「すてきだな~」と思う写真を見つけてはストックするものの、真似をしてみても自力で同じように撮ることはできなくて、もどかしい気持ちでいっぱいでした。

さらに、図書館で「おしゃれな写真を撮るコツ」といった本を大量に借りるも、読むだけではいまいちピンとこないんですよね。独学には限界があります。

そこで、意を決してカメラスクールを探してみることにしました。

ネットにカメラ教室はいろいろあったのですが、私は選ぶポイントとしてホームページや先生の撮った写真のセンスを重視しました。

プロのカメラマンといってもいろいろな方がいますし、得意とする分野もそれぞれ違うはずです。
「この先生のテイストが好きだな」と思う先生に習いたかったのです。

そして、わたしがまず申し込んだのが、サイタの無料体験レッスンでした。
ホームページの雰囲気や、先生の過去の作品から「この先生に学びたい」と思った先生(コーチと呼びます)の無料体験レッスンを予約しました。
場所は東京都心、渋谷です。便利!

サイタの無料体験レッスンを経て、基礎1コースの受講を決意!



いざ、体験レッスンに参加。
その日は12名くらい参加していました。
参加前に自分の撮った写真を提出する宿題があったので、その提出された写真ををひとつずつ皆で見ながらコーチがコメントしていき、また初級編としてレッスンもありました。

私は「こんな写真が撮りたい」という理想の写真も送っていたのですが、「十分手の届く範囲、撮れるようになれますよ」とコーチに言われ、俄然やる気がわきました。笑

結局私はそのまま初心者コースである「基礎1コース」に入会。
無料体験というと、その後強烈な営業をかけられて入会させられてしまうのではないか、といった不安もありますが、まっっったくありませんでした
12名ほどのうち、入会したのは半分の6名ほどでした。

ちなみに入会金は0円、レッスンの振替もフレキシブルに対応してくれることも良かったです。

実際に、サイタのカメラレッスンを受けてみて…

では肝心のレッスンですが…とても楽しかったです!

グループでわいわい質問しながら気楽に学べたのが私にはとても合っていました。

わたしが参加していたクラスのメンバーは主婦の方や、自宅で眠っているカメラを使いこなせるようになりたいと参加した女性、退職後に趣味としてカメラを始めた紳士、子供の写真を上手に撮れるようになりたい妊婦さん、同世代の女性など。みなさんとても良い方たちで、終始和やかな雰囲気でした。

毎回座学で学んだ内容を実践で行い、そしてそれを課題として次のレッスンまでに写真を5枚提出するという課題が課されます。

みんなそれぞれ工夫した写真を提出し、次のレッスンではその写真の講評から始まります。

これがとっても勉強になるのです。
自分の撮った写真をコーチから「良いポイント」「こうすればもっと良かった改善点」などいろいろな視点からアドバイスがもらえ、また作者である私としても「本当はこう撮りたかったけどできなかった、どうすればよかったのか?」を質問することができます。

自分の写真だけでなく、他の方が撮った写真もいろいろな感性がありとても勉強になります。

そして一番の気付きは、今までうまく撮れなかったのは、カメラの仕組みを全く知らなかったことはもちろん自分の中で意図が明確ではなかったからだということに気づきました。

そしてカメラというものを基礎から理解し、自分の意図と合致させることで魂の入った写真が出来上がるんだなあと、実感したのです。これだけでも、私にはかなり勉強になりました!

独学もいいですが、やはり生身の人間(先生)にリアルタイムでキャッチボールを交わしながら教えてもらえることは、その値段以上に価値があると私は思いました。

クックパッドグループの習い事サービス「サイタ」が運営するカメラ教室

こんな写真が撮れるようになりました。

ちなみに、基礎1のレッスンを終えた段階で、私が撮った作品たちは以下のような感じです。

どれも、レッスンを受ける前の私では絶対に撮れていなかった写真たち。

自己満足ではありますが、とてもうれしいのです。

これから、日々の生活や旅先でどんな写真を撮ろうか、とってもとっても楽しみになりました***
本当に通って良かったです。

とはいえまだまだ初心者、これらもカメラについてもっと学んでいきたいと思います!!

まずは無料体験レッスンをおすすめ。

もしサイタカメラ教室に興味のある人は、まずは私のように無料レッスン体験に申し込んでみることをおすすめしたいと思います。

無料体験レッスンは90分で、サイトに行って好きな日程を選んで申し込むだけです。

現段階でカメラを持っていない人も、なんと無料体験レッスン時には無料で貸し出しをしてくれます!

実際にレッスンに入ってからも、レンタルカメラで受講されている方もいました(こちらは有料です)。コーチに、どんなカメラを買ったらいいかアドバイスをもらっているようでしたよ。

サイタカメラ無料体験レッスンに向いていない人

一方で「こんな人は向いていないかな?と思う人を書いておきます。

私が無料体験レッスンを受講した際なのですが、とある女性はけっこうカメラに慣れているようで、自分の提出した写真についてもコーチと「シャッター速度は〇〇で~F値が~」と詳しく説明していました。

この方は知識がある程度あるためレッスンも退屈だったようで、レッスン後早々に帰って行かれました。

あくまで無料体験は「初心者クラス」ですので、彼女にとってはレベルが合っていなかったと思います。

その分、私のように全然素人で何もわかっていないタイプの人には、心置きなくイチから教えてもらえて、すごく良いですよ(^^)

クックパッドグループの習い事サービス「サイタ」が運営するカメラ教室

以上、ちぇこでした~。



スポンサー広告