三井住友銀行で新札に両替する方法!ご祝儀に必要な新札は両替機を使ってスムーズに交換しよう!

スポンサー広告

ちぇこです。

10月は、一年で1番結婚式が多い時期。招かれる機会も増えるのではないでしょうか?

今回私も久々に親友の結婚式があるので、せっせと準備をしています(^_^)

今日は三井住友銀行でご祝儀用にお札を新札に変えてきましたので、ご紹介します。

三井住友銀行でお札を新札に両替しよう

新札を入手する方法はいくつかありますが、一番確実なのは銀行で替えることですよね。

どの銀行でも仕組みは同じだと思いますが、私は今回三井住友銀行で新札に替えてきましたので三井住友銀行での両替について書いてみます。

さてさて、やってきました三井住友銀行。

新札への交換は窓口でもできます。ただ、指定の用紙に記入したり、待ったりしないといけないことが多いので「両替機」を使うことをおすすめします!

ATMを過ぎて行内に入ると、「両替機」が設置されています。

こちらです。ででん。

両替機は、平日の9時~15時まで利用できます。窓口と一緒ですね。
(※一部店舗では17時まで利用できるところもあるそうです。)

両替機専用カードもしくは三井住友銀行のキャッシュカードが必要になるので忘れずに!

つまり三井住友銀行の口座がないと、両替機での両替はできないということですね。

キャッシュカードの場合、500枚までの両替なら、1日につき1回目は無料です。(1日に2回以上は両替できません)

ちなみに、窓口での両替の場合は、口座を持っていれば30枚までは無料。口座を持っていない場合には324円の手数料がかかります。

キャッシュカードを入れたら、お札をIN!!

タッチパネルでいくらの両替をするかを入力します。

あとは待つだけ!

両替機がけっこうな音を立てて全力で新札に交換してくれます。笑

銀行の両替機によっては必ず新札が出てくるわけではない場合もあるそうで、「新札に両替」というのを選ぶ必要があるようです。

今回私が両替した両替機は「すべてのお札が新札に両替できます」と書いてありましたし、新札で出てきました。

良かった。

ちなみに、三井住友銀行で両替機が設置していない店舗は以下になるそうです。

両替機非設置店
前橋支店、片瀬山出張所、品川支店、福山支店、前橋支店、片瀬山出張所 、品川支店、福山支店、箕面市役所出張所 、豊田支店、 新松戸出張所、 松井山手出張所、はびきの出張所、川越支店、新検見川支店、ふじみ野出張所、東豊中出張所、東京ディズニーランド出張所、中山支店、豊洲出張所、石橋出張所、 神戸市役所出張所、 御岳山出張所、 守口市駅前出張所、大崎出張所、水戸支店、桜井出張所、松山支店、鎌倉支店

▶詳しくは、三井住友銀行の両替ページへ

平日3時までしかチャンスはないけれど、絶対に銀行での両替が確実。

Sponsored Links

銀行の両替機は3時までしか対応していないので、平日仕事の場合はけっこう手間ですよね。

私もお昼休みの時間を使って行ってきました。

ただ、今まで何度か結婚式などに参列する機会はありましたが、やっぱり銀行や郵便局での両替が確実だと思っています。

一般的に、銀行・郵便局以外の方法だと以下の方法がありますが、今までの私の経験上とてもリスクが高いと感じています。ひとつひとつ見ていきます。

ホテルのフロントで替えてもらう

結婚式が行われるホテルや式場で替えてもらう方法です。

結婚式を行っているだけあって対応してもらえるだろうと思いきや、これはかなりのカケになる可能性があります。

実際に私も過去に参列したリゾートウエディングにて、ホテルで替えようとしたところそのようなサービスはなくて断られてしまったことがあり焦りました^^;

特にリゾートウエディングだと近くにコンビニや商店もないことも多いので注意が必要ですね。

スーパーのレジで替えてもらう

これは、わたしはしたことはないのですが逆に学生時代にスーパーのレジでアルバイトをしていたことがあり、何度かお客さんから祝儀袋の購入とともに新札に両替してほしいと言われる場面に出くわすことがありました。

しかし、レジというのは言うまでもなく流通されている、お客さんのお財布から出てきた万札がしまわれている場所なので、そんなに早々新札って出てこないんですよね。

とても可能性の低いことだと思います。

コンビニATMで新札が出るまでチャレンジする

最後に、コンビニATMで新札が出てくることを期待する、という方法があります(笑)

場合によっては出てくるまで何度かトライ…ということもあるみたいですが、たまたま一発で出て来たら良いのですが手数料などのことを考えるとめちゃくちゃもったいないですよね。

こちらもおすすめしません。

以上の理由から、やはり少し時間を取ってでも銀行や郵便局等で事前に両替することをおすすめしたいです。

慌てないためにも、「新札袋」を用意して、常に新札を数枚家に置いておく、というのも手ですね。

本当に新札でないとけないのか…?

さて、ここまでさんざん書いてきましたが、ご祝儀は本当に新札でないといけないのでしょうか。笑

もちろん、新札であるに越したことはないと思いますが、結局は気持ちであり、お金は気持ちを表した紙切れに過ぎないので、そんなに気に病むことはないと思います。

実際、私も自分の結婚式後にいただいたご祝儀をまとめる作業をしたのですが、誰が新札で誰が新札じゃなかったかという観点で見ることはなく、誰がどうだったかというところまでは覚えていませんでした(^^;)

ただ、「結婚式をすごく心待ちにしていました♥」という気持ちを表すための素敵な文化だと思って、準備する時間は自分にとってhappyだなと思うので、あくまでこちら側の心持ちの問題として、私は出来る限りそうするようにしています。

以上、三井住友銀行で新札に両替する方法でした!

 

スポンサー広告