潜在意識でダイエット!「宇宙に上手にお願いしてダイエットする方法」読了。

スポンサー広告

ちぇこです。

現在、絶賛「潜在意識勉強週間」につき、またまた潜在意識系の本を読んだのでまとめたいと思います。

今回読んだのは「宇宙に上手にお願いしてダイエットする法」byピエール・フランクという本です。

数年前に大ヒットした「宇宙に上手にお願いする法」というシリーズの1冊だそうです。

自分のことを好きになればダイエットは成功です!

本書の表紙を開けてすぐ(表2)に飛び込んできたこのキャッチフレーズ。

この言葉が、この本の潜在意識との向き合い方のすべてを集約していると思います。

もう。ほんとにこれに尽きます。

この本ではまず、今まで誤解してきた信念を手放すことから始まると言っています。

なぜなら、本当の意味でのダイエットというのは、まず頭から始まるからだ、と。カラダに現れるのはその後だと言うのです。

また、太っているのは意志の強さが足りないからではなく、脳のプログラムが間違っているからであり、それを変えればいいだけだと言います。

ただし、この書き換え作業は度々理性の反発に合うことを覚悟しなければなりません。

理性は、新しいことを拒否するのだと!!!

これが、「3日坊主」などの正体なのでしょうね。

理性が自分にとっての敵か味方かは、理性がどのように方向付けられているかで変わるそうです。

私の場合は【体重が重すぎる】と思っているので、理性は【減量するのに苦労する】ようプログラミングされているということです。

だから始めのうちは理性が味方につくまで、書き換えを実行する必要があります。

また、無意識の信念(潜在意識)は、両親や先生、知事などから伝えられたまちがったものを誤解したまま植え付けられていることが多いそうです。

意識して考えていることと、無意識に思っていることが大きく食い違っているもしくは全く正反対であることは、よくあるというのです。

(実際私も、10年に以上に渡り、痩せたいと思いながらずっと痩せられず、最近潜在意識では自分は「太っていたい」んだということ自覚したばかりでしたので、これはものすごく納得しました。)

そして私たちの考えていることや行動で自覚して行っていることは、全体の5%に過ぎず、残りの95%は潜在意識によって操作されています。

ただ、脳には古い信念を忘れる能力があり、神経学者も証明していることなので、ネガティブな信念を手放して新しいポジティブな信念と置き換えることは可能なのです!

その書き換えは、少なくとも21日間続けると自動的な思考の鎖が新たな方向につながりはじめるといいます。

自分自身を否定している限り、痩せられない。

ここまで、理性や潜在意識という観点から見ると【痩せるのに苦労する】状態を保っていることがわかりました。

それでは、どうしたらこれを書き換えられるのでしょうか。

ここで重要になってくるのが、【自分自身を否定しない】ということです。

多くの人が、なかなか自分を「美しい」と思うことはできませんよね。

そしてその逆に、自分のことをとっても厳しく評価しています。自分に対して、いつも何かしらのケチをつけ、特に肉体に関しては1番批判的に接しているのです。

特にあからさまなのが鏡の前に立った時。裸体の自分に惨めな気持ちになり、気に入らなくて恥じてしまう。(ドキッ…まるで私のことだ…)

しかし、この考え方を改めることこそが、スタートだったのです!

書き換えの方法

それでは具体的な書き換えエクササイズの方法です。

静かな場所に大きな鏡を置いて、安らかな気分で自分と向き合います。

そして湧き上がる感情と向き合い続けます。

以下、引用します。

長いのですが、とても肝となる部分だったので大切にしたいフレーズです。

自分の体の中で受け入れられない部分もじっくりと観察してみましょう。耐えられないほど嫌いな部分もあるでしょう。その部分を観察し、どうして自分の体がそうなったのか理解してみましょう。

ある出来事が原因で、たくさん食べて問題を処理したのかもしれません。でも体はあなかたを助けようとしてくれたのです。

愛を込めて、すべての栄養を取り入れました。体にとっては過剰な栄養分です。けれども、何も言わずに黙って栄養を吸収してくれたのです。ですから、体を非難するのではなく、感謝しましょう。

<中略>

あなたは体を応援してあげたことがありますか?どれほど長く、あなたのために働いてくれているのでしょうか?そのことに、心から感謝をしたことがありますか?

これほど多くの仕事を成し遂げてくれる体に感謝しましょう。来る日も来る日も、あなたのために働いてくれるのです。けっして途中で投げ出すことはありません。どんなにいじめられようと、忙しい思いをさせられようと、軽蔑されようと、たゆまず働き続けます。

体はすばらしいのです。

体の根気強い仕事に対して敬意を払いましょう。そして、体に対して感謝の気持ちを伝えましょう。湧き上がる感謝の気持ちに自分の意識を向けましょう。

自分の体を観察し、体が可能にしてくれたすべてのことに対して心から喜びましょう。
歩く・走る・泳ぐ・語る・見る・愛する・笑う・働く。わたしたちがこういったことができるのは、すべて体のおかげです。

 

私もずいぶん長いこと、自分の体に対して本当に酷い思いをぶつけてきたものだなあと、ハッとさせられました。

このようにして、一度私たちは自分の体と仲直りする必要があります。

今までは自分の体を粗末に扱い、体に屈辱を与え、苦しめ、体のためにならないことをやらせてきました。これからは接し方を改めなくてはいけません。

ポジティブな感情で自分を見つめていくのです。

そして、そのままの自分でいいと体に教えることを、潜在意識に許可するのです。

その他にも、エクササイズとして例えば時間をかけて食事を摂るだとか、部屋をきれいにするといったこともたくさん書かれています。

でも今回、この「自分の体に対する心の持ちよう」について学べたことは私にとって大きな衝撃でした。

現在、実行中です。まずは21日間、やってみます!!

▼その他の潜在意識に関する記事はこちら

私がいつもダイエットに失敗する理由を潜在意識に聞いたら、「太っていたいからだよ」と一蹴されて驚いた話。

2017.04.19

ダイエットに特化した潜在意識の本の紹介でした。

スポンサー広告