レディ・プレイヤーワンに出てくる日本人男子がかっこよすぎた!日本への愛を感じる作品。

スポンサー広告

ちぇこです。

昨日公開されたスティーブン・スピルバーグ監督作品「レディ・プレイヤー1」を観てきました!

予想以上に面白くって、ドキドキしっぱなしでした!

中でも感じたのは、監督の日本のサブカルチャーへのリスペクトと、日本人男子「ダイトウ/トシロウ」を演じた森崎ウィンさんのカッコよさ。笑

少し調べてみたので書いてみます!

レディ・プレイヤー1に出てきた日本人男子は誰?

物語は主人公とヒロイン、そして仲間とともに協力して進んでいくのですが、

その中になんと日本人の青年が出てきます。

VRの世界では、三船敏郎の侍に扮した「ダイトウ」、そしてリアルの世界では「トシロウ」と名乗るこの青年。

爽やかでかっこよかった~( *´艸`)

ちょっと古い認識になりますが、海外の映画に出てくる日本人って七三分けで眼鏡をかけていて出っ歯で、超真面目な堅物(笑)…で描かれていたイメージですが、

今回のトシロウは戦隊ものに出てくるヒーロー的キャラクターで!

礼儀正しく爽やか。そしてイケメン。スーツ似合う。かっこいい。(ベタ褒め。笑)

そんな彼のことを少し調べてみたところ、お名前は森崎ウィンさんというそうです。

1990年生まれで、俳優であり音楽ユニット「PrizmaX」のボーカル。

PrizmaXさん(@prizmax_priz)がシェアした投稿

きゃー、かっこいい。

PrizmaXさん(@prizmax_priz)がシェアした投稿

スピルバーグ監督からは英語の発音がきれいだということで評価され、オーディションでこの役を勝ち取ったそうです。

PrizmaXさん(@prizmax_priz)がシェアした投稿

そして出身は「ミャンマー」とのこと。

てっきりハーフの方なのかと思いきや、ネットの情報によるとご両親ともミャンマーの方で、ウィンさんが幼い時に日本に来たということなのです!

でも幼いころから日本に暮らしていることもあってか、完全に日本人だと思って観ていました(しかも超イケメン!)。日本語も母国語も英語も堪能ということで、さらに尊敬しちゃいました!

これから、日本を代表するハリウッド俳優になっていくのでしょうか?

とってもとっても楽しみですね(*^-^*)

忍者にガンダム、キティちゃん…日本のサブカルチャーがてんこもり!

ところでこの映画、スピルバーグ監督がインタビューで

「僕たちはみんな、本作を通して、日本文化、日本映画、日本のテレビ、日本のアニメーションに対してどれほど感謝しているかを示したかったんだ」

と語っていた通り、日本のキャラクターや日本製のものがたくさん出てきたので本当に驚きました。

劇中に出てきたもので今ぱっと思いつくのはAKIRA、忍者、武士、ガンダム、ゴジラ、ストリートファイター、ファミコン、キティ、バッドばつ丸、ケロケロけろっぴぃ。(他にもきっとたくさんありますよね)

あと、このVRを題材にしたストーリー自体も、劇場版名探偵コナン「ベイカー街の亡霊」とそっくりだなと思いました。

 

また、ラストのあたりには、細田守監督の「サマーウォーズ」のような展開も連想されました。

いやー、とても面白かった。

こんなに心臓がドクドクする体験ができるのは映画ぐらいだし、映画ぐらいがちょうど良いなあと思ったのでした。。。笑

映画を観るならクラブスパイスカードがお得!!

今回も、私たちはユナイテッド・シネマの「クラブスパイスカード」
でお得に映画を観てきました!

一番のお得ポイントは、毎週金曜日に1,000円で映画が観られること!!

近年の傾向として、映画の封切は金曜日になることが多いんですね。(今回のレディプレイヤーワンもそうです)。

なのでなんと、公開初日に誰よりもはやく1,000円で観ることができるのです!!

他にも、入会(入会手数料500円)で映画1本無料。会員になればいつでも映画が300円引き。6ポイントたまると映画が1本無料。などなど、本当にお得。

次回から映画を観る時のために、今からネットで会員登録しておくことをおススメです(*^-^*)

 

スポンサー広告