浦和パルコの「魔女のコッペパン」を食べてみた!無添加や国産にこだわった今後も大注目のコッペパン。

スポンサー広告

ちぇこです。

以前、夫から「『魔女のコッペパン』というのがあるらしいよ。」と聞き、気になっていたのですが、昨日ついに行ってきました!

今日は魔女のコッペパンのお店レポートと食べてみた感想です(^^)

「魔女のコッペパン」店舗はどこ?

スマホでググったところ、本店が浦和駅の近くにあるということで行ってみたのですが…

↑こちら。

現在、本店はお休みとのこと!!代わりに、浦和パルコにお店を出しているということで、パルコへ向かいました。

パルコの地下。ありましたー!

魔女のコッペパン。魔女見習いの身としては、食さないわけにはいきません。笑

それにしても、「魔女のコッペパン」という名前をつけ、「魔女」と名乗る店主さんと、お話がしてみたいなあ~。笑

店舗には、ラスクやクッキーなど、ちょっとしたプレゼントにもよさそうなお菓子も陳列されていました。かわいい。

そしてこちらがコッペパンたち。

チョコやピーナツ、イチゴ、おかず系、粒あん等種類が豊富!!

めっちゃ迷いました。

魔女のコッペパンのこだわりは原材料に。小麦粉は、埼玉県産「ハナマンテン」、北海道産小麦「春よ恋」、「ハナマンテン全粒粉」をミックスして独自開発したオリジナルのブレンド。

塩も伝統海塩。砂糖は種子島産の洗双糖。コロンビア産の有機ショートニング使用でトランス脂肪酸なし。

とにかく徹底して素材にこだわっているようです。

さすが魔女!!

お店もロゴもとってもかわいい*

「魔女のコッペパン」を実食!

今回はチョコレートとイチゴバターを買ってみました。

いちごバターの原材料名を見てみました。冒頭のこだわり通りの素材が使われていますね。

全粒粉を使ったパン生地、とっても懐かしい香りがします。

チョコ。クリーミー!!

いちごバター。しっとりなめらか!

「魔女のコッペパン」。

そのこだわりも納得の美味しさでした!

パン自体が香ばしくて食べ応えがあります。中のクリームも甘すぎず、ちょうど良い感じ◎

浦和パルコに行った際は地下のお店にぜひ寄ってみてください♪

「魔女のコッペパン」

埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1 浦和パルコ B1F

10:00~21:00 不定休

▼この他のコッペパンの記事はこちら

武蔵浦和駅ビルの「やわらかシロコッペ」を食べてみた!コメダ謹製のふわっふわコッペパン。

2018.03.19

 

スポンサー広告