LPL13期を修了。とことん自分と向き合い、自分への愛を取り戻した2年間を振り返る。

スポンサー広告

ちぇこです。昨年から受講していた心の学び「LPL養成講座」を修了しました。

今回はこの2年間を振り返って感じたことを、まとめてみたいと思います。

傷が教えてくれたギフト

昨年から受講しているLPL養成講座が修了しました。

人生で初めて、とことん自分に向き合った2年間でした。

「特に大きな傷やトラウマもないのに、なんでこんなにも生きづらいのだろう」と小さな頃から思い続け、気づけばいつも無気力に陥り、「消えたい」という感覚で覆われていた私の人生のからくり。

蓋を開けてみたら、実はたくさん傷ついてきた私がいました。

人との境界線(バウンダリー)が引けず、他人の感情を自分の中に侵入させてその人の感情に同化することが当たり前になっていて、自分の本当の感情がわからなくなっていました。
人の感情やエネルギーは恐ろしいほどわかってしまうのに、こんなにも自分のことがわかっていなかったなんて!!(笑)
そりゃあ、自分を大事にできないわけだよなあと、今ならわかります。

でも。
めんどくさいなと思っていたこの私の“感じやすさ”は、相手の傷にそっと寄り添うことができるというギフトだったこと。

それから、私の中の「クリエイティブ」への情熱もギフトだったとわかったこと。
だいたいのことはどうでもいいのに(おい、笑)どのような形であれ制作物となるとこだわりの強い、妥協を許さない頑固オヤジちえが発動すること。

これらのことがギフトでありミッションに繋がるものだと本当の意味で腑に落ちた時、無駄なことはひとつもなかったことを理解し、涙が止まりませんでした。

エニアグラムとの出逢い

講師の岡部明美さん(あけみちゃん)から学んだことはどれもすべて宝物だけれど、特に私にとって衝撃的だった学びがエニアグラムです。

エニアグラムはギリシャ哲学を源流としながら発展してきた性格分類で、9タイプあります。

自分のエニアグラムが判明するのにだいぶ時間がかかりましたが、私がタイプ9だと自覚してから本を読み返すとすべてがまさに9のパターンで動いていることがわかり、また他のタイプの人との関係性におけるパターンもわかり、ずいぶん楽になりました。

人にレッテルを貼るなんて!と誤解されがちなエニアグラムだけれど、私はその素晴らしさを知ってしまったので、押し付けではなく何か“楽しく”エニアグラムの学びを広めていければいいなと思っています。(エニアグラムのタイプをキャラクター化した“エニくまたん”Tシャツも鋭意準備中であります (。+・`ω・´))



自分の人生のど真ん中を生きるということ

私はこれまで、成功している人や幸せそうな人は皆、そういう星のもとに生まれてきたんだと、特別な才能があるんだと、私には遠い世界の話なんだと思って僻んでいるところがありました。
でも、それは完全な間違いでした。
嫌なことがやってこないんじゃなくて、
成功している人や幸せな人は、“嫌なことがやってきても大丈夫な強い自分”を持っていたのです。

そのためには、他人軸をやめ、被害者意識をなくし、依存関係から抜けることが必要なのですが、これがなかなかに、難しい。

とにかく勇気がいるのです。怖いのです!!

どうしたって周りの目は気になるし(他人軸)、嫌なことがあった時は相手のせいにしたいし(被害者意識)、相手を頼っていたら心強いから(依存)です。

今でもまだそうです。

でも、少しずつでもその怖さと向き合って、勇気を持って進んできたこの数年間だったともいえます。

そして新しい世界に行こうとしたとき、必ず元の自分に戻されるような辛いことがおきます。
それは「お試し」と表現されたりするのですが、
ぺーぺーな私にも(笑)この数年間でお試しはたくさんやってきました。

私は、これまでとにかく出る杭にならないように、目立たないように嫌われないことに心を砕いてきたので、
いざ自分の生き方を歩もうと踏み出した時に、「本当に本気か?」というお試しで、一番私にとって嫌なこと=批判や中傷といった攻撃が起きてきたのです。それも何度も。

それは恐ろしいほど、見事でした。

でも、涙ぼろぼろ流しても、いつも

自分をあきらめない。
自分を大切に大切に扱う。

ということだけは曲げずになんとかやってきました。

だからもし、私が辿ってきた道や、感じてきたことが誰かの何かの役に立つのなら、私はそれを発信していきたいと思っています。
この世界で、自分を許し、自分のことを愛する人がもっもっと増えていきますように…。
そう心から願っています。

一生のパートナシップのために

それから、今年は夫とともにLPLを受講したことも、私の中で大きな出来事でした。

何か問題が起きてきた時にはすぐに家で夫に傾聴してもらえるようになったこと。
そして夫が意外なことにこれまたものすごくカウンセラーとして素晴らしく、何度も泣かされました(笑)

もちろん夫婦としての関係性においてもまだまだ課題はたくさんあるので、
学んだことをお互い共通のベースとして、一生アップデートしていければいいなと思います。

これからのこと

そんなわけで、心のことを学び始めてたった2~3年。
まだまだ未熟な私ですが、これからも一生ライフワークとして心のことを学び続けていきます。

たくさんの涙を流したし、辛いこともあったけれど、それを差し引いても余りある喜びと幸せと愛に気づくことができました。

例えば、学びの仲間の本質に触れたとき。その人が愛おしくて大切で、どうしてもその人のことを大好きにならざるをえません。笑

同じように、自分の本質に触れられるようになって、自分のことがとても愛おしく思えるようになりました。

…ということは、一人ひとりが本当の自分の本質と繋がることができれば、世界中にもっと幸せが溢れていくはずです。

改めて、安心安全の場を作っているあけみちゃん、スタッフのみなさん、グループリーダーのみなさん、講座でともに学んだ仲間たちに心から感謝しています。

写真は、最終講で作成したプレゼン「人生の樹」(*´ω`*)
もう楽しくて楽しくて、アドレナリンが異常に出て大変だった(笑)

作っている途中から、いろんなアンテナがピーン!と貼って情報ゲットできたり、願ったり叶ったりなお声がけを頂いたりして、手作り(手書き)で未来をデザインすることのパワーを思い知っている次第です…。こわい!そしてわくわく!

▼心のことと行動を融合させた手帳術やワークブック、出したいなあ(*´ω`*)

▼ちなみこちらは去年の人生の樹(*´ω`*)

自分自身の心の学びも続けていくと同時に、傾聴を中心としたセッションについても経験を積んでいこうと思っています。

これから、カウンセリング/セッションのモニターを募集していく予定です。

これも、怖いけど怖いまま勇気を持って進んでいくことのひとつであります。ふんがー!

でも、楽しみながらやっていきたい。

そして、タイプ9の星✨ウォルト・ディズニーのように、世界に夢と魔法を届けていきたいです♪

スポンサー広告