結婚式当日レポート1:山手ロイストン教会(当日朝)

スポンサー広告

さて。いよいよ挙式当日です。
前日の予報では雨。しかも80%。一日中。
もう絶望しかなかったのですが、朝起きてみると雨は不思議と止んでいました!驚
でも念の為前夜に新郎くんと作った、てるてる坊主付きの傘を持って、ホテルを出発。

わたしたちは午後からの挙式。
教会に着くとまず教会事務局へ。担当さんと挨拶をすると、
「なんとかお天気持ってよかったですね~^^」とのこと。
聞くと、午前の披露宴も通常通り行われたとのこと!
※雨の場合は、急遽雨用の進行に変わり、それは当日の披露宴の責任者?キャプテン?の判断によるらしいので、私たちはそれに従うのみとなるのです…。

ちなみに、もし雨が降った場合には、ガーデン入場がはじめの入場と同じ2階からになってしまうとのことでしたが、傘を見せて「降ってもガーデンからこの傘をさして入場したい」とお願いすると快くOKしてくれました!良かった♥

私たちは、「挙式をするなら、歴史ある教会か、神社できちんと儀式として行いたい」という新郎くんのこだわりがあり、教会や神社ありきで会場を探していました。

私も少しウエディング業界にいたこともあり、商業的なチャペル(言ってしまえば偽物教会)はもうたくさん見てきたので、その考えに賛成し、山手ロイストン教会を訪れて射抜かれてしまったというわけです。

そんな、当日の山手ロイストン教会。置かれているものがすべてアンティークで素敵です。

いざサロンへ。ちょうど両親も到着し、みんなそれぞれの個室で支度の開始です!

スポンサー広告