ガーデン用のガーランドを手作り!ガーランドの作り方

スポンサー広告

前回のガーランドについての記事の続きです。
ガーデンに飾るガーランドについて。

ガーデン空間全体を横切るように飾るほかにもいろいろな場所に飾りたい!ということで交渉し、

●テントの中●ガーデンの庭木の間●建物の屋根部分●パラソルの中

にも飾らせてもらえることになりました。

テントというのは、ガーデンの中に鎮座するこちら。
ドドーン。広さでいうと12畳ほどあります。

青空が映えて良い感じ♪

この中にテーブルがMAX4卓入ります。
また当日はこの中でお料理(ビュッフェ)台も出ます。

飾り付けイメージはこんな感じ。

テントの梁の部分に緑やガーランドを飾って。

カラフルな布製のガーランドの作り方。

さて、chekoのガーランドはテーマカラーの白×黄色×緑の3色を中心に、カラフルにしようと思います。華やかになるしね!

1.必要な長さを測る。

まずは先日の打合せ後、実際にガーランドを飾る場所の計測を行いました♪

chekoが作った仮の折り紙のガーランド(これは白×緑×黄色中心)を飾り、計測させられる新郎くん。笑(ごめんよ…そしてありがとう)


この計測により、
◆ガーデンを横切る長いガーランド10m✖3本
◆植木の間に飾るガーランド8m
◆建物の入り口に飾るガーランド5.1m
◆テントの中のガーランド2.7m✖1本、2.6m✖8本
◆パラソルの中のガーランド2.1m

の作成が必要だということがわかりました。(ひょぇ~!笑)

2.布を用意する。

布は、ユザワヤの夏のセールで格安で購入することができました。
色は白(4m)と黄色(4m)、緑・ピンク・赤・水色・赤(各2m)で、柄物はカットクロスのセールからセレクトしました。

これ全部で3,000円くらいだったと思います!

3.型紙を作って、布をカットする。

1枚1枚の大きさをどうするかはすごく悩んだのですが、ガーデンに飾るのである程度大きい方がいいかなと思い、以下の様な寸法にしました。
結果的に大満足でした!

 

型紙は右のように半分の大きさで作り、布を半分に追ってそこに型紙で下書きを入れてザクザク切っていきました!(豪快)

4.紐をつなげる。

本当は。

ミシンで丁寧に1枚ずつ縫いたかったんです。
でもでも…なにせ時間が足りなくて!!

合計68.7mもあり、時間もなく(>◇<)
ボンドでいきましたよ。笑 紐は安くて頑丈な麻紐です。

2cm残した上の部分を折り曲げて、麻紐に引っ掛けてボンドで止めます。
布と布の間は4~5cmずつ間隔を開けます。

そしてそれをひたすらつなげていきます。

これで(簡単すぎですが)完成です!じゃん。

 

しかし1点ロイストンさんから言われていただことがあります。それは

「ガーランドすべてを飾れるわけではない。」ということ。

ガーランドの空間を横切る飾り付けに関しては、

「高所作業なので基本的にはNGだが、できないことはない」と要望になるべく応えてくれようとしている回答でした。

ただ、chekoたちの結婚式は飾りたいものが多く、「準備時間が決まっているため、すべてを
飾り付けられるかは確約できない」とのこと。

なのでわたしたちはガーデン空間を横切る大きな飾り付けを第一優先にやっていただき、あとは時間によって例えばテントの中が飾り付けを省略してくださいとお伝えしました。

あれもこれも…と欲張ってしまいそうだけど。
ここは大人になり、山手ロイストン教会さんにも迷惑をかけない程度に頑張っていただき、当日がより良いものになるといいなと思います*

スポンサー広告