おもてなしホームパーティを成功させるために必要な準備をまとめました。

スポンサー広告

ちぇこです。先日、大学時代のボランティア仲間5名が我が家に遊びに来てくれました。
みんな今の我が家に来てくれるのは初めて。張り切って準備しました!その模様を紹介します。

おもてなしの心を伝える!準備段階でのポイント。

過去にもおもてなしホームパーティの記事は書いたのですが

おもてなしホームパーティ/アボカドと玉ねぎが主役のイタリアン。
高知県宿毛市の「おむすび畑」さんの野菜をふるさと納税で申し込んだら、甘さと美味しさに驚いた!(リピート決定)

おうちに人を呼ぶとなったらいつも事前にすることがあります。

①その日の献立を考える。

献立の立て方ですが、私が行っている方法は、
1)乾杯時のおつまみになるもの
2)サラダ
3)前菜
4)前日に漬けておいたもの
5)メインの野菜おかず
6)メインの魚おかず
7)メインの肉おかず
8)ご飯もの
9)スイーツ
です。だいだいこういった組み合わせで考えています。
今回は…
———————————————————————
1)乾杯時のおつまみになるもの…枝付きぶどう、ハム、くるみ、ベーグル
2)サラダ…水菜とたまねぎのサラダ
3)前菜…メンマとモッツァレラチーズとねぎの和え物、アボカドとトマトとタコのマリネ
4)前日に漬けておいたもの…トマトのハニーピクルス
5)メインの野菜おかず…茄子と帆立の揚げびたし
6)メインの魚おかず…鮭ときのこの餅グラタン
7)メインの肉おかず…大根と豚肉の角煮
8)ご飯もの…玄米高菜ごはん
9)スイーツ…アップルクランブル
———————————————————————
このような献立になりました!

②料理の下準備とお酒の準備をする。

料理は、前日にある程度準備をしておきます。

今迄何度かおもてなしをしてきましたが、過去の反省点として準備不足で当日台所で作業しっぱなしになり、会話から外れてしまっていたことがあります。

それは良くないなと思っていたので、効率化を考えた結果…

料理で一番時間と手間がかかるのは「食材のカット」だと気づきました。

なので食材のカットだけ前日に全部しておいてジップロックに入れておくようにしたところ、随分と楽になり時間短縮にもなりました。

③部屋の大掃除をする。

これは言わずもがな。笑 もう超大掃除!普段手を抜きがちなところも隅々まで掃除出来て、人を呼ぶというのはお部屋の風通しのためには最高です。笑

④お花を飾る。

お部屋のあらゆるところにお花を飾ってお部屋の空気ごとレベルアップさせます。
お花屋さんでわざわざ買うのもよいですが、スーパーの切り花で十分。
あとはおうちのまわりに咲いてる野花を飾ったりします。

⑤玄関とお部屋にアロマを焚く。

おうちってどうしても自宅の生活臭がついてしまっています。
おうちの第一印象は「玄関の臭い」だと私は思っているので、来る15分くらい前から玄関にアロマミストを設置してアロマを焚きます。

⑥素敵な音楽をかける。

我が家はAmazonプライム会員なので、amzonプライムミュージックも聴き放題です♪
これがもう優秀で!!おしゃれなジャズ集とか、カフェミュージック集とか、その時に合わせて流しています。これもとっても好評です。

私たちはamazonの回し者でも何でもないのに、我が家に来てAmazonプライム会員に登録した人が続出。笑

おもてなしホームパーティに!スーパーで買えるコスパの良い美味しいワイン

夫は仕事柄お酒に詳しく、ホームパーティの際もお酒を飲めない私に代わっていつもお酒をセレクトしてくれます。

と言っても、スーパーで普通に買えるものなんですが、選び方がとても上手で、来た友人たちにいつも「美味しくて、料理と合って、飲みすぎてしまう」と言われています。夫、すごい!

今回は女性がわりと多かったので、泡の飲みやすいタイプのものを中心に選んだそう。

乾杯は、アルパカのスパークリングワイン。白。
●「サンタ・ヘレナ・アルパカ スパークリング・ブリュット」950円くらい。
その次は、泡の甘めの微発砲ワイン。
●「ランブルスコ フリッツァンテ」700円くらい。
そのあとは、飲みやすいミドルタイプの赤ワインを2本。
●「イエローテイル・シラーズ」700円くらい。
●「サンタ・ヘレナ・アルパカ カルベネ・メルロー」700円くらい。
そのあと、追加でセブンイレブンに軽めの赤ワインを買いに走りました。
●「ヨセミテ・ロード カルベネ・ソーヴィニヨン」500円くらい。

これに、缶ビールもありましが空っぽになりました。笑
みんな、よく飲むぜ!!笑

おもてなしの料理は、切るだけ・混ぜるだけを多用!

今回は大人7名+babyだったのでわりかし量が必要だったのですが、それでも前日にカットしておいたものを混ぜるだけの料理が何点かだったのでひとつひとつは手間はかかっていません。

何より、反省を生かして前日にカットしたので、当日はみんなと一緒に始めからテーブルに着くことができました。ヤッター!

たくさん話して、たくさん笑って、笑いすぎて苦しくて、本当に幸せなひと時でした。

結局は、人なんですよね~

素敵な時間を一緒に過ごしてくれる、人がいれば、ホームパーティなんてすでに成功しているようなものですね(^^)

スポンサー広告