自己分析ツールのおすすめ5選!自分の強みを知って、自己肯定感も一緒にあげちゃおう。

スポンサー広告

ちぇこです。

あなたは、「自分の強みって何だろう?」「自己分析をしてみたいけれど、自分ひとりでは難しい…」と悩んでいませんか?

自分を知ること、特に自分の強みを知ることは、就職や転職活動の際のみならず、人生においてとても重要なことですよね。

今回は、そんな強みを知ることができる「自己分析ツール」を5つご紹介します。

すべて私が試したツールで、かつ面白かったものトップ5を厳選したので、おすすめですよヽ(^。^)ノ

グッドポイント診断

就職活動/転職活動をしている方に限らず、とにかくおすすめなのが、リクルートの「リクナビNEXT」サイトでできる「グッドポイント診断」

リクナビネクストの会員限定でなんと無料で診断することができます。

会員登録をすると質問項目が300問ほど出てきますので、じっくり回答していきます。

診断結果は8568通りもあるので、あなただけの個性が浮き彫りに!

診断結果は18種類のキーワードで分別され、その中からあなたの強みが5つ表示されます。

18種類の分類はこちら▼

グッドポイント診断の分類18項目

◆親密性(じっくりつきあう)
◆冷静沈着(いつもクール)
◆受容力(広く受け入れる)
◆決断力(迷わず決める)
◆悠然(ゆったり構える)
◆柔軟性(あれこれトライ)
◆現実思考(実現可能性にこだわる)
◆自己信頼(信じた道を突き進む)
◆バランス(全体を考える)
◆社交性(360°オープン)
◆高揚性(ノリがよい)
◆自立(常に主体的)
◆慎重性(掘り下げて考える)
◆俊敏性(スピード第一)
◆継続力(決めたらとことん)
◆挑戦心(高い目標もクリア)
◆感受性(場の雰囲気を感じ取る)
◆独創性(オリジナリティあふれる)

そして、以下が私がやってみた結果です。

感受性、バランス、受容力、高揚性、挑戦心 となっています。
項目の説明文を読むと、かなり納得感がありますね~。これで無料とはすごい。

また、グッドポイント診断の特徴として、診断されたあなたの強みがどのように仕事の成果をもたらすかといったことも説明しているのが特徴。

仕事でもっと自分の強みを生かしたい!今の仕事ではなく、もっと自分の強みを生かした仕事がしたい!と思っているなら、グッドポイント診断がおすすめですよ(*^-^*)

 

「VIA-IS」

続いてご紹介するのが「VIA-IS」。

アメリカのVIA研究所が開発した診断ツールで、これまで世界で260万人以上の人が利用してきた人気のツールです。メンタリストDAIGOさんがおすすめされています。

質問に答えていくと、24種類の資質がランキングされ、トップ5が「その人独自の強み」とされています。

24項目が全てランキング形式で全部出るというのがポイントですね♪

24種類の分類はこちら▼

「VIA-IS」の分類24項目

■愛情 ■スピリチュアリティ ■思慮深さ ■感謝 ■ユーモア ■創造性 ■誠実さ ■希望 ■好奇心 ■忍耐力 ■知的柔軟性 ■向学心 ■社会的知性 ■熱意 ■勇敢さ ■慎み深さ ■大局観   ■自律心 ■公平さ ■寛容さ ■チームワーク ■リーダーシップ ■審美眼 ■親切心

設問は全部で120問ありますが、10~15分ほどで終了することができます。

そして、こんなふうに結果が出ます。

 

 

私のベスト5は愛情、審美眼、親切心、スピリチュアリティ、大局観でした。ぎょぎょぎょ。ちょっと怪しい人間のような組み合わせになってしまいましたが(笑)、面白いです。

VIA-ISのやり方は以前この記事でも細かく解説しています。

無料でできるあなたの強み診断「VIA-IS」が面白い!メンタリストDAIGOさんもおすすめしている強み診断のやり方を解説。

2018.06.18

これらの強みを生活や仕事などで活用することで、実際に「人生の満足感や仕事の充実感が向上する」という研究結果も報告されているのだそうです…!

こちらもメールアドレスなどの登録が必要ですが、診断は無料です。おすすめ!!

ストレングスファインダー

そして次にご紹介するのがストレングスファインダー。

ストレングスファインダーは、著名な心理学者ドン・クリフトンさんが開発した、「あなたの才能を診断するツール」です。

2018年1月時点において全世界で約1800万人の人が受けている才能診断ツール。

ストレングスファインダーは質問が177問あり、所要時間は30~40分程度ですが、テストは1問20秒以内で答えるというシステムになっていて20秒経つと強制的に次の問題へ進んでしまうので、時間と心をしっかり確保するようにしましょう。

診断結果は34種類のキーワードで分別され、その中からあなたの強みが5つ表示されます。

34種類の資質はこちら▼

ストレングスファインダー診断の資質34項目

●アレンジ ●運命思考 ●回復志向 ●学習欲 ●活発性 ●共感性 ●競争性 ●規律性 ●原点思考 ●公平性 ●個別化 ●コミュニケーション ●最上志向 ●自我 ●自己確信 ●社交性 ●収集 ●指令性 ●慎重さ ●信念 ●親密性 ●成長促進 ●責任感 ●戦略性 ●達成欲 ●着想 ●調和性 ●適応性 ●内省 ●分析思考 ●包含 ●ポジティブ ●未来志向 ●目標志向

以下が私の結果です。

 

共感性、活発性、目標志向、未来志向、個別化 となっています。

ストレングスファインダーはとても奥が深く、ワークショップやコーチングなども行われているので私ももっとこれから学ぶ機会を得たいなと思っています。

ストレングスファインダーの診断は有料です。

いくつか方法があるのですが、本を買って本についているコードを使って診断を受けることができます。

トップ5のほかにも、別途オプションを支払うことで34項目のランキングを全て見ることもできます。

 

m-gram

続いて、無料でさくさくっと診断できる「m-gram」。

性格成分を44種類に分け、その中でも強く出ている8成分を精密に抽出した診断ツールです。

上場企業を含む9,000社以上、延べ1,000万人以上の性格データに基づき分析しており、精密に分析できることが特徴です。

これは以前私が診断したものです(最新版である現在と少し仕様が異なります)

m-gramは、無料での診断後に追加の有料診断メニューが用意されています。

もっと詳細な診断、恋愛診断、相性診断などがあるようです。

▼m-gramについては以前ブログにもしています。

m-gram診断「私を構成する8性格」をやってみた感想!面白いサービスに期待大。

2017.05.10
※この記事を書いた当初はマッチングサイトとの連携があるようでしたが、今現在はビジネスモデルが変わったようです。

m-gramの結果は柔らかめの日本語でビジュアル的にも見やすく出てくるので、シェアしやすいのも特徴ですね(*^-^*)

エニアグラム

最後にご紹介するのが、「エニアグラム」。

エニアグラムとは、1970年代頃からアメリカを中心に広まった、自己認識と他者理解のツールとして使われているもの。個人の資質を9種類に分類します。現在ではコーチングなどでも活用されているとても奥の深い診断ツールです。

エニアグラムに関する説明はとても難しいのですが、本もたくさん出ていますので、ぜひ読みながら自分のタイプはどれなのか?探っていくことをおすすめします。

エニアグラムのタイプ9種類

タイプ1(改革する人)
タイプ2(助ける人)
タイプ3(達成する人)
タイプ4(個性的な人)
タイプ5(調べる人)
タイプ6(忠実な人)
タイプ7(熱中する人)
タイプ8(挑戦する人)
タイプ9(平和をもたらす人)

***

いかがでしたでしょうか?

自己分析や自分の強みを見つけるひとつの手掛かりとして、どれも気楽に試してみる価値のあるものばかりです!

こういったツールがたくさん出てくるのは、ありがたいことですよね。

時間のある時に、ぜひ、自分と向き合う時間を取って、診断してみてください♪

ちぇこでした。

スポンサー広告