結婚式当日レポート3:リハーサルメイクと違う…落ち込んだ話。

スポンサー広告

無事ブーケを確認し、どんどん準備は進んでいきます。

このことは書くかとても迷ったのですが…
自分の気持ちを昇華させる意味でも記しておきます!

リハーサルメイク。chekoもお願いしました。
28,000円。自分のメイクに28,000円かけるなんてこの先ないだろうけど、当日失敗した~となるのは嫌だったので、お願いしました。しかも平日しかNGということで、なかなか厳しい中なんとか半休を取って行ったわけですよ。

でもリハーサルメイク自体はやっておいて良かった。
丁寧に綺麗にされていく自分を鏡で見るのは、とても幸せでした。

当日もそうなるものと思っていたのだけど…

いざ、出来上がりを鏡で見せもらうと…
あれ?なんか違う??

一度確認するために、トイレでリハーサルの時に撮った写メを見ると、やっぱり違う…
そこで写メを見せて「すみません。なんだかリハーサルの時と少し違うような気がするんですけど…(小声)」と言うと

写メを確認して一瞬固まり、「そうですか~?今日はガウンを着てメイクしたので、襟足のところが高くなってそう感じるのかもしれませんねえ」と言いながら高速で髪を直してくれました。
10分はかけていたと思います。

そしてだいぶ変わりました。絶対、間違っていたと思うのです。認めようとはしなかったけれど。

この後介添えもしてもらうし、ことを大きくしたくなかったのであまり強く言えなかっただけど。前髪も変でした…

ちなみにこれがヘアメイクリハーサル時の写真。とっても満足していました。

 

↓本番。chekoの指摘後直していただいたスタイル

はじめはもっと立体的になっていて、全然違っていました。
これはだいぶ寄せてくれたけれど、やっぱり違う…。

それと、ヘアメイクリハーサル時の前髪。これも気に入っていました。

↓本番。

どうしてカールさせちゃったの~~~(TへT)笑

天パなので、当日は直前まで雨が降っていたため湿気のせいもあるのかも。
でも、前髪に関しても「そうですか?かわいいですよ(^^)」で終わってしまいました…

ちなみに、この影響もあってか披露宴の時のダウンスタイルも巻き方が少し違っていました。

リハーサルメイクの意味あるのか~~?(書いていて、少しヒートアップ。笑)

もっと「NO」とはっきり言えれば良かった。
そこはchekoにも落ち度があります。

それとメイクを始める前に、鬱陶しがられても、今一度、写メなどで「こうでしたよね。前髪はこうでしたよね」と確認すれば良かったのかもしれないなと思います。

悔いの残るものとなってしまいました。

でも、このことは、結婚式という素晴らしい思い出のほんのほんの1%程度の出来事にすぎず、式が始まると全くそんなことは忘れてしまっていました。笑

次の記事からまた楽しくいきます~*

スポンサー広告