切り株の輪切りを使ったテーブルコーディネートがしたい!

スポンサー広告

ゲストのテーブルを彩る、お花のコーディネート。

山手ロイストン教会のクラブハウスA番館の装花は、プランに含まれています。
ひとつは、この建物の入り口のジャグの中に入っているピンクの薔薇。
(見えますかね。汗)

そして、1テーブルに1つ置かれている、瓶の造花。

ガーデンには緑がいっぱいで、お花もその時期のものが咲いていたりするので十分華やかです。

でも、chekoとしてはお花をもっと好きなように飾りたかった!!

山手ロイストン教会では、会場装飾をするフローリストさんは外部者NG。
教会のことを良く知っているベテランのフローリストさんが担当されるとのこと。
なので、事前にchekoが作ったイメージ資料をプランナーさんづてで見ていただきました。

海外の結婚式のように、切株を使ったテーブル装飾をしたい。

chekoがガーデンウエディングというテーマを決めた際に、どうしてもしたかったのが切株を使ったテーブル装飾!!

か、かわいい…!

かわいい。

かわいすぎる。

どんぐりもたまらない。

ナチュラルな小瓶と合せるのもすてき*

レースもかわいい!
お花もやっぱり野花が好み*

お花の組み合わせなどについては、次回フローリストさんと打合せすることに!

また、冒頭の建物入口のジャグの中の薔薇。
これを、「なんとか野花系に変更できないか?」と事前に問合せすると、「可能だが、ジャグのサイズに合わせたボリューム感となるとジャグ1つにつき1万円となってしまう」とのこと。

ジャグは全部で12個あるので、単純計算で12万。

もともとプランに入っていた薔薇を捨ててまで、追加費用を払って野花を飾る…?

…そこは、こだわるところではないな、と瞬時に察したchekoなのでした。笑

そして、肝心の切株はどうやって手配するか!?
次回書いていこうと思います。

スポンサー広告