文具女子博2018に行ってきた!私の戦利品や混雑状況、注目のメーカーなどをレポートします。

スポンサー広告

ちぇこです。

今日は、去年に引き続き開催された文具の祭典「文具女子博」の初日ということで、さっそく行ってきました!

そして私が買ったもの(戦利品)をアップしたいと思います!

文具女子博2018の盛り上がりぶりがすごい!

先日、文具女子博予習記事として出店メーカーをまとめたこんな記事↓も書きましたが、

文房具好き女子は必見!「文具女子博2018」の出店メーカー一覧とアクセス、前売り券と入場料情報。

2018年11月4日

昨年の第1回開催時には20,000人以上が来場したこの企画。今年は出店するメーカーも1.5倍に増え、会場の広さも2倍になったというから、盛り上がりぶりが伺えますね。

私は初日である今日(12/14)、10時の開場を目指して9時半に流通センター駅に到着しましたが、すでに行列ができていました。

しかも、ビル風で並んでいる場所が超~寒い!!!朝から行かれる方はカイロや手袋などを持っていくことをおすすめします。

9時半から並び、会場に入れたのは10時30分くらい。(ちなみに私が帰る頃(13時頃)には列がほとんどなく、スムーズに入れたようです)

文具女子博2018の会場の様子

入場してすぐのところにイベント受付カウンターがあります。

いろいろなメーカーが主催するイベントがいくつか壁に張り出されています。商品を使って何かを作るワークショップですね。

私は申込しませんでしたがとても人気のようで、午前中でどんどん受付終了になっていました。

人気イベント参加するには朝イチに来ることが鉄則ですね。

会場は2階入り口から。

入ってすぐのエリア。いきなり壁沿いにマステコーナーが!みんな吸い込まれていました(笑)もちろん私も。

ぺんてるの筆タッチサインペンはなんとも言えない書き心地。

和の色味がまたおしゃれです。

そして…開場してまだ数十分なのに…クオバディス・ジャパンのロディアの文具女子博先行販売カラーがあっという間に本日分完売していた~(;´Д`)すごいなみんな…すばらしい情報キャッチ力…。

さらに、昨年も大人気だっという「マスキングテープくじ&テープビュッフェ」(くじを引いてあたりが出たら人気マステがもらえて、外れても好きなマステを台紙に張り付けることができるという企画)も、いつの間にか終了していたああああ~(ノД`)・゜・。

はやぐね??(ノД`)・゜・。

これは…のんびりしていられない、と、ひそかにお目当てだったcoto monoの「大仏クリップ」を見に行くも、このエリアが人だかりすぎて身動きが取れず…(*´Д`)なんとかたどり着いた先には「本日分完売」の文字…。

がーん。大仏さま、人気なのね…

 

View this post on Instagram

 

cotomonoさん(@coto_mono)がシェアした投稿

気を取り直して、マイルドライナーバイキングをのぞき見したり、

銀座・伊東屋G.Itoya1階のレモネードジュースバー「Drink」と文具女子博がコラボしたドリンクコーナーで、ドリンクを買ってひとやすみしたりしながら会場内を放浪しました。(笑)

文具女子博2018の私の戦利品!

そんなわけで興奮の2時間弱。本当はもっと見たかったけれど、あまりにもすごい人だかりで心がやつれてきたので(笑)、行きたくてチェックしていたメーカーを全て見れたところで帰宅の途につきました。

私が今回購入したのは以下のグッズたちです✨しゃきーーーん!!

Sponsored Links

MATOKA/RESFEBERのマステと便箋

まずはMATOKAのブランド「RESFEBER(レースフェーベル)」。どれもすごくかわいかったのですが、このお花に射抜かれてしまいました。

マスキングテープと

便箋をお買い上げ♪

HIGHTIDEのマスキングテープ

昨年文具女子アワードを受賞したニューレトロシリーズが人気のHIGHTIDEさん。ブースもにぎわっていました。

わたしはこのスワンのマステにひとめぼれ♡

ただスワンが描かれているだけでなく、絶妙にレトロな青色と、波打ったテープ部分が最高にツボです。

パピアプラッツのマスキングテープ

パピアプラッツというメーカーさんを初めて認識したのですが、すごくかわいいマステがあって悩みました。

その中から今日はこのハーブ柄をチョイスしました♪

Sponsored Links

スタビロのマーカー

ドイツの有名ブランドスタビロのマーカー。

淡くてかわいい色のマーカーが欲しくて、会場内をいろいろ見たのですがこのマーカーの色が一番気に入ったのでお買い上げ☆

新日本カレンダーの月の満ち欠けフィルムふせん

そしてここも絶対に立ち寄りたかったメーカーさん。

暦や月の満ち欠けにまつわる商品を扱われていてその独自性と「月」に焦点を当てている点にきゅん!

クレーターの凹凸を紙で再現したメモ帳や、昨年全国カレンダー展で3つの賞に輝いた宙の日めくりカレンダーなどなどとにかく素敵でした。

私は、手帳のマンスリーに貼る「月のフィルムふせん(夜の部)を購入!

AIUEOのふせん、ジッパー、ブックカバー

AIUEOさんは文具屋さんで見ていて少し気になっていた存在。

今回もブースに行くのを楽しみにしていたのですが、ブースに行ったらなんかもう可愛すぎて興奮しちゃいました。(笑)

まずはこの鳥さんのふせん。

背景がまた黄色だから可愛いんだろうなー。使う時意識しよう。

そしてこの猫だらけのジッパー。

細々したものを収納しようと思います。

そしてこの「ペーパーもりもりセット」。360円だったので飛びついちゃった。(笑)中を開けると

ブックカバーが9枚も!ちょーうかわいいです。

A FLOATING LIFEのプランナー

私の中で今一番熱い、大注目のメーカーがA FLOATING LIFEさん。

そのA FLOATING LIFEさんの手帳に貼るプランナーを買いました☆

どれもすごくオシャレなので迷いましたが…。

大切に使いたいと思います♡

平和堂のクリップブック

今回、私は来年逆算手帳と共に持ち歩くノートまたはノート的手帳を探すのが第2ミッションでした。

そんな中で出会ったのが、「クリップブック」。ノートとシステム手帳の利便性を融合したノート(手帳)でイギリスのメーカーファイロファックスが開発したそうです。

今回、「ピーチ」と「ストーン」が新色として先行販売されていました!

このピンクの色合いがなんとも好みで、直感を信じて購入!

ただリフィルが単体で置いておらず、メーカーの方にいろいろ質問。「そうですよね~リフィルも置いた方がいいですよね。手配します!」と言われ、「その方がいいと思います(‘◇’)ゞ」と上から目線でアドバイス。(笑)だって付随する関連商品って大事ですよね。もしかすると本体より利益があるかも!?

なんて考えてしまいます。このクリップブックは上陸当初、日本では全く日の目を浴びなかったそう。でもこの2~3年でSNSを中心に人気が爆発したそうです。

試行錯誤しながら使いこなしていこうと思います。

Sponsored Links

アクティブコーポレーション/ネコマンジュウの便箋

そして最後は、黒猫の便箋♪猫グッズに弱いなあ~。かわい♪

以上が私が購入したものたちです!しめて1万円ほどになりました!!!

わはは!!!文房具を1万円も買ったの初めてです。(笑)大人になったなあ(*´ω`)

会場の熱気には圧倒されましたが、それだけこんなにも皆文房具を愛しているのだなあと感動しました。

私なんてまだまだひよっこだ…(笑)

「事前リサーチ」があればもっともっと楽しめたかもしれませんが、これはこれでとても楽しかったので私としては大満足の一日でした。

ここまで読んでいただきありがとうございました!(*^-^*)

 

スポンサー広告